ぷらとはどこにいる?

小さい頃からの夢を"諦めた"ぷらと。この広い世界をたくさん知るために旅に出た。ぷらとが見る世界をお届けします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

世界一美しいペトロナスツインタワー 

・ペトロナスツインタワー
朝7時に飛び起きてダッシュで外に出た。昨日の夜に調べたらペトロナスツインタワーに登れることを知ったから。ただ、一日入場できる制限が決まってて調べたところによると800人。それくらいなら大丈夫だろうと余裕でいたのだけど、着くと世界各地の旅行人が列を連ねていた。

看板には「No ticket」と、もう並んでも意味がないよっと。明日また来ようと思ってたら、追加枠ができたみたいで最後尾にも関わらず見事チケットをゲットできた、ツイてた!

登れるのは昼2時からなのでそれまで、ちゃんと見なかったペトロナスツインタワーを見に外にでた。いや~~~ほんとすごい。二本の堂々と国の象徴たるシルバーのツインタワー!リアルに見るとほんと感動ものだ。

(8/28 首絞め強盗に遭いサブカメラ取られたため写真ありません;)


その後、店中を歩いてると、Kinokuniyaっと書かれた看板を見かけた。そう日本最大手の紀伊国屋書店。一番奥に日本エリアを発見。週刊誌はないけど、それでも十分なほどの本の量。5か月ぶりに見る日本の本屋。
最新の本まで売られている。最新物や、ベストセラー物の本は日本と同等の値段で購入できるけど、その他は1.5倍くらい。本を読んでると一気に時間が過ぎいつの間にか2時。慌てて地下の集合場所に向かいました。

上から眺める市内風景は俺の性格にあってないのかあまり感動せず。無料で登れてよかったなーと思っただけ。


その後、紀伊国屋に戻り立ち読み再開。。。気付いた時には21時になっていました。


夜になるとツインタワーがライトアップされるので、外にでて真っ直ぐ歩き、ツインタワー全体が見えるとこまでタワーに背を向けて歩いた。

この辺りかな~ってところまで歩き、止まって180度回転すると、そこは白く光った巨大な2本のタワー。その影響で周りの空が青っぽい黒色になっていて、なんとも幻想的。
クアラルンプールに来て正解だった。


1時間ほどいろいろと考えながらタワーを眺め、その後宿に戻りました。

おやすみなさい。
スポンサーサイト
[ 2009/08/25 23:26 ] マレーシア3 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷらと。

Author:ぷらと。
自分のことが好きで幸せの
1985年生まれの23歳ぷらと。

思い立ったら即行動、そして失敗の繰り返しです。いつか成功することを信じて自分の道を進んでいきます!


名前の由来は、ぷらっとどこかへ行くから"ぷらと"です。


詳細プロフィールを表示!

メールフォーム
このblogに関する ご意見は、こちらよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

直通のメールboxに転送されます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。