ぷらとはどこにいる?

小さい頃からの夢を"諦めた"ぷらと。この広い世界をたくさん知るために旅に出た。ぷらとが見る世界をお届けします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブルネイ観光 

市内散策をして思ったけど、見かける看板がタミール語で、華語がほとんど見ることない。
タミール語=アラビア語
華語=中国語
と思ってたけど、違うらしい。。。
5

・成金モスク
世界一周に行くにあたってどうしてもいきたかったブルネイモスク。
街の中心にでーんと立派に立ってる。その外観は圧倒だ。とにかく白い。5億円を投資されてるだけのことがある。モスクの中はクーラーが効きまくってる。今まで見たモスクは扇風機のみだ。モスクの中はエスカレーターまであるというすごさ
イタリア製の大理石・上海製の花崗岩・英国製のステンドグラスとシャンデリア・サウジアラビアとベルギー製のカーペットが使われてるらしい。
モスクの絵が描かれたカーペットはきれいに何百枚と並べられていた。
1


ブルネイの有名モスクには「ニューモスク」と「オールドモスク」があることがわかり、もう一つのニューモスクにもいった。上記で説明したのはオールドモスク。

ニューモスクは内部のすごさに魅了された。。もちろん外観もすごいのだが。。。
直径10~15mくらいのでっかいシャンデリアがあり、とにかく金がかかってることがわかる。
キラキラ輝いてるのは宝石が散りばめられるのだろう。
イスラムの人たちが足を洗う部屋は赤外線の自動式だ。
モスクの中は写真が撮れないのでアップができないのが残念なくらいだ。
あの圧倒さはぜひみてほしい!!
2



外観はオールドモスク。中身はニューモスク。


・ゲイに危うく犯される。
ブルネイで会った日本人(谷口さん)は翌日日本に帰ってしまった。一泊2000円もする高級ホテルには泊まれないので、新たな宿探しで、だめもとでユースホステルに行ったら、普通に泊まれた。ドミトリーで一泊600円。ブルネイの最安の宿だ。1つの部屋に2段ベッドが2つあるんだけど、誰もいなくて一人で占領。前日に泊まったホテルより何倍もきれい。

このユースホステルに長く泊まってる人がいる。スーダン人のイスラム男性。スーダンって紛争とかで危ない国じゅなかったっけ・・・?と思いながらその話は避けて普通の話をした。
途中で君の部屋何号室?と聞かれ普通に答える。
その後、ハンサムでかわいいと言われ、顔を触られる。
君の部屋だれかいるの?といされ咄嗟に2人いる(本当は誰もいない)とウソをつく。
そしたら俺の部屋に来ないか?と言われ今ちょうど外で友達が待ってるんだ。とさらに嘘をついた。普段あまりウソはつかないけど、身の危険を感じ咄嗟にでた言葉だった。
俺の予感が正しければあの雰囲気で彼の部屋にいったら間違いなく犯されていたはずだ。
彼の名は「アル」


カンポンアイール集落
ブルネイの南側にはカンポンアイールという水上で暮らしてる人たちが3万人もいる。
この水上集落には、ポリスや学校もたくさんある。

「一見、貧しいと思いきや実は家の中は大型テレビやクーラーがある家。」っとガイドブックに書かれてたので行ってみた。
ここに行くにはボートに乗るんだけど、とにかく速い!ボートが壊れる~~ってほどに振動もすごい。それもそのはず、小型ボートに中型ボートのエンジンを乗せている。けど爽快で気持ちがいいのだ。

朝7時半ということもあり、学校や仕事に向かう人がいっぱいだ。 
集落を走るボートの音が心地よい。
一時間半、水上集落を散歩しいろんな家を拝見したが確かに大型テレビ等あったけどブラウン管。
半々の割合で貧しい人と裕福な人がいる気がする。
そして水上集落にもちゃんと住所が書いた看板があるのだ。
3
4


散歩してて猫が目に止まり2つ気づいたことがある。それは何かというとトイレは流したあとどこに行ってるのか?と、ボルネオ島で犬を見た記憶がないことだ。夕方インフォメーションに行き、教えてもらったんだけど、トイレは垂れ流しで波があるから異臭はしない。犬は宗教上の問題からご法度らしい。鼻が濡れてるから?とか言っていた。

その後、ボートを1時間チャーターしてマングローブやテングザルがたくさんいるところにつれてってもらった。波がなく氷の上を走ってるようで、別の世界にきたような感じだった。
テングザルとは鼻にビスケットを付けたサル。座るということでも有名だ。
そのテングザルを見るとこはできたんだけど、、俺の視力が悪いせいでちゃんと見ることができず。。。
自分の視力の悪るさに苛立ったしだいです。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スポンサーサイト
[ 2009/08/17 20:35 ] ブルネイ | TB(0) | CM(4)
なにごとも経験だよ、ぷらとくん。
せっかく世界を旅しているんだから、いろんなことに挑戦してみないと!
私は応援しているからさ。
だから、そこはアルさんに任せないとネ( ̄▽ ̄)♪
[ 2009/08/27 11:12 ] [ 編集 ]
はははw
経験っていうから何をかと思ったら
アルさんのことか!!って無理w

本気でヒゲ伸ばそうと思った(>_<)
[ 2009/08/27 18:51 ] [ 編集 ]
you are enjoying a lot ne!!
really envy you~~~~
行ってみたいなぁブルネイ!
ゲイに犯されたらいかんで、
その逆になるぐらい強くなってきて。笑
次の日記も楽しみにしてる!
[ 2009/08/27 22:55 ] [ 編集 ]
ブルネイは人によるみたいだけど俺は行って正解だったよ!
アジアにこんなところもあるんだーってきっと思うはず。

ゲイは…こわいなーーー!!
自己防衛してても無理なきがする。。。いやいや
きっと犯されんはず!!
犯されたときはその時はブログで報告。。。
[ 2009/08/30 23:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷらと。

Author:ぷらと。
自分のことが好きで幸せの
1985年生まれの23歳ぷらと。

思い立ったら即行動、そして失敗の繰り返しです。いつか成功することを信じて自分の道を進んでいきます!


名前の由来は、ぷらっとどこかへ行くから"ぷらと"です。


詳細プロフィールを表示!

メールフォーム
このblogに関する ご意見は、こちらよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

直通のメールboxに転送されます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。