ぷらとはどこにいる?

小さい頃からの夢を"諦めた"ぷらと。この広い世界をたくさん知るために旅に出た。ぷらとが見る世界をお届けします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

猫の町、クチン【2】 

●市内
ヒルトンホテルをはじめ、高級なホテルがいくつかあり観光地。
今まで泊まった安宿で一番きれい。アットホームな感じ。
朝食付・クーラー、ホットシャワー・水洗トイレ・wifi使い放題で
ドミトリー価格15RM(450円)

観光地ということもあり、ゴミがほとんど落ちてなくきれい。
っていうのも街中には数メートル置きにごみ箱が設置されてるのだ。

現地の?女の子はミニスカートを着てたりと都会的。
緑があり自然豊かとガイドブックに載ってるが、
それはあとから植えられただけであってあまり魅力をもたない街。
郊外でどんどん山が削られ開発が進んでいた。

ただ、ご飯がとてつもなくおいしい。日本を出てからいろいろ食べたけど、
どれもおしいけどここクチンで食べるご飯はとてもおいしかった。
中華系がやはり口に合うのか!?
ローカルレストランにもかかわらずハエが全然おらず衛生的だし
料金もインドネシアと変わらない。
中華麺
150円の乾麺ってやつ


そして驚いたのがマレーシア・ブルネイの国旗が町のいたるところでセットで見受けられること。
車にまで両国のフラッグがつけられてたりする。
なんの意味があるのかわからないがきっと友好関係の証なのだろうか。
きっとブルネイでも同じことになってるのかな。
日本では見れないものが見れたなー
国旗


●バコ国立公園でトレッキング
バコ公園。ここは熱帯雨林の中をトレッキングするところで
ボルネオ島しかいないテングザル(鼻にビスケットを付けたようなサル)
や、ヒゲイノシシ、その他、ウツボカズラなどの植物も目にするところができるところ。

トレッキングコースはいろんなコースがあり、時間に合ったコースを選んでもらった。
っというより、トレッキングに関してはほぼ無知な俺。。。
8.4キロの道のりをトレッキングシューズ履かずに溝なしクロックスでトレッキングする始末。
木の根を歩く感じなので足がいたい。水も300mlしかもってきてなかったので最後の方は
距離との戦いになったけど、自然の中を歩けてよかった!
場所によって見れる植物も違うので楽しい。
最後の道にいた野生のサルの集団が心なじんだ。
国立公園内


そんなこんなありながら、クチンを3日間過ごしてブルネイへの中継地点、
"ミリ"という町に朝の便でバスで13時間かけて向かいました。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
スポンサーサイト
[ 2009/08/13 22:46 ] マレーシア | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷらと。

Author:ぷらと。
自分のことが好きで幸せの
1985年生まれの23歳ぷらと。

思い立ったら即行動、そして失敗の繰り返しです。いつか成功することを信じて自分の道を進んでいきます!


名前の由来は、ぷらっとどこかへ行くから"ぷらと"です。


詳細プロフィールを表示!

メールフォーム
このblogに関する ご意見は、こちらよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

直通のメールboxに転送されます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。