ぷらとはどこにいる?

小さい頃からの夢を"諦めた"ぷらと。この広い世界をたくさん知るために旅に出た。ぷらとが見る世界をお届けします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

きたぜ!ボロブドゥール!! 

世界遺産に興味持ち始めて、初めに知った遺跡、ボロブドゥール。

地下1層、地上8層の高さ35mの内部空間をほとんどもたず、
ただ外側を登って行くだけの仏教寺院。

8世紀頃に建造されてその後1000年以上も密林の中で火山灰によって
隠れていた仏教遺跡で、いったい何のために建てられたのかがわからず
すべて謎のままらしい。

ここに入場するには外国人1200円が必要で、現地人は125円で入場口が分かれています。


行く前に宿の人から「お前の顔はインドネシア人と似てるから
現地人料金で入場できるかもな」っと言われ

「サヤ マオ プリ チケ サトゥ」チケットを一枚下さい。
「ヤァ」相槌

の二つのインドネシア語を教えてもらった。
この二つの言葉で入場できるらしい。

ボロブドゥール遺跡へは安宿街からバスで1時間くらいのとこにあるんだけど
現地人のKashio(ニックネーム)と仲良くなり、日本語を教えてあげるかわりに
バイクで無料で行ってもらえることになった。

国内人チケット売り場に行きさっそくチケットを購入。
何も言わずただ、お金をただ渡すだけでチケットをくれた。

そのままゲートをクグった瞬間、横からポリスマンが現れて何か言われたけど
"ヤァ"で答えてると荷物の中を調べられて"地球の歩き方"を見られ、ジャパニーズと
バレてしまった。

「外国人はあっちだよ!」っと笑われながら言われ返金してもらって
正規料金で入場しました。
Kashio曰く、「いつもはポリスはいない。たぶん2週間前にジャカルタでテロがあったせいだ。」


どうせここまできたんだからと500円でガイド(Miken)を頼み案内してもらった。

レリーフ(壁に彫られた絵)の説明をしてもらったり、どういう風な構造になってるのか
など、詳しく教えてもらった。

ボロブドゥールは写真でみるより、実物を見た方が遥かに良かった。
生で見れた感動は凄まじい!
ボロブ

qa

as



その後、ミケンとインドネシアの問題、イスラム教とは?について話しあった。
インドネシア人の一般の給料は日本円で~10000円以内、
企業で働いてる人でも20000円くらいみたいだ。
海外旅行なんて夢の夢みたく日本がうらやましいといってた。
大卒でも職が見つからないみたい。

森林伐採も大きな問題みたいで、ボロブドゥールからながめるジャングルを見てるだけでは
問題という文字が浮かびあがってこなかったが、人の見えないところで、
違法に木が切られているそうだ。
木を切られる、温度の上昇、海水が増加、島が沈んでいく。

イスラム教について、いいことするればいいことが起こる、イスラムでも過激テロリズムがいるが
あれは、間違った考えの人たち。自分のいいように解釈してるがあれは間違った信仰のようだ。
スポンサーサイト
[ 2009/07/28 14:25 ] インドネシア | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷらと。

Author:ぷらと。
自分のことが好きで幸せの
1985年生まれの23歳ぷらと。

思い立ったら即行動、そして失敗の繰り返しです。いつか成功することを信じて自分の道を進んでいきます!


名前の由来は、ぷらっとどこかへ行くから"ぷらと"です。


詳細プロフィールを表示!

メールフォーム
このblogに関する ご意見は、こちらよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

直通のメールboxに転送されます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。