ぷらとはどこにいる?

小さい頃からの夢を"諦めた"ぷらと。この広い世界をたくさん知るために旅に出た。ぷらとが見る世界をお届けします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フィリピンで何ももっていかないとこうなるぞ!? 

フィリピンガイドブックもってません。高いから買わなかった…。
国際免許証忘れた!石鹸・シャンプー忘れた!防寒服忘れた!等いろいろあり荷物がやけに軽いかがわかった。。。(最初の出発時のバックパック15.7kg 再出発時10.3kg)

マニラ空港の国内線では、エンダナオ島の児童養護施設で働いてる日本人と会い、世界の孤児院やフリースクールの現状を教えてもらいました。ミンダナオ島=危険な島って各国から認識されてるみたいで、旅行者はほとんどこず、実際、一部の覗き安全で海の透明度がめちゃくちゃいいらしい。動画みせてもらったけど、ほんとクリアで綺麗だった。行きたかったけど、飛行機のフライトの理由で行けず!

フィリピンガイドブックもってません。高いから買わなかった…。
国際免許証忘れた!石鹸・シャンプー忘れた!防寒服忘れた!等いろいろあり荷物がやけに軽いかがわかった。。。(最初の出発時のバックパック15.7kg 再出発時10.3kg)

マニラ空港の国内線では、エンダナオ島の児童養護施設で働いてる日本人と会い、世界の孤児院やフリースクールの現状を教えてもらいました。ミンダナオ島=危険な島って各国から認識されてるみたいで、旅行者はほとんどこず、実際、一部の覗き安全で海の透明度がめちゃくちゃいいらしい。動画みせてもらったけど、ほんとクリアで綺麗だった。行きたかったけど、飛行機のフライトの理由で行けず!


フィリピン人と紛れながら空港で野宿したあとセブに向かいシュンさん侑史に半年ぶりに再開し、タクシーでフェリー乗り場(210ペソ=420円)まで行った。
侑史さんは戦争に詳しい人でガイドがいなくてもこの人の話でだいたいわかってしまう。
オルモックまではスーパーキャットっていうフィリピンでいう高級な船で片道650ペソ、所要2時間~2時間半。

オルモックに着きホテルに荷物を置き、トライシクルをハイヤーして運ちゃんに知ってるところを走ってもらいました。
スポンサーサイト
[ 2015/05/27 21:29 ] フィリピン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷらと。

Author:ぷらと。
自分のことが好きで幸せの
1985年生まれの23歳ぷらと。

思い立ったら即行動、そして失敗の繰り返しです。いつか成功することを信じて自分の道を進んでいきます!


名前の由来は、ぷらっとどこかへ行くから"ぷらと"です。


詳細プロフィールを表示!

メールフォーム
このblogに関する ご意見は、こちらよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

直通のメールboxに転送されます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。