ぷらとはどこにいる?

小さい頃からの夢を"諦めた"ぷらと。この広い世界をたくさん知るために旅に出た。ぷらとが見る世界をお届けします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

自殺大国リトアニア 

転写禁止

自殺大国リトアニア。なんとこの国、世界一の自殺大国です。

リトアニアと言って知ってる人はほとんどいないと思うので、画像で説明です。
青く線を引いた国がリトアニア。その上にあるラトビア、エストニアの3カ国をひっくるめて、バルト三国と言われています。
14101148_574535137_232large.jpg
基本的に行った国は、憶えてるのですが、このバルト三国は行ったにも関わらず憶えられない自分がいます..._|⌒|○ 反対に北欧は、位置関係が掴めなかったのですが、憶えることできました!

日本は、自殺人数、自殺数ともに10位以内です。
日本では年間32000人の自殺者という単純に365日を割ると一日87人の方が自殺しています。この数字って多すぎません?
専門家によれば、一人の自殺者につき、少なくとも10人の自殺未遂者がいるという。

ただし、この32000人という数字は、ここ10年間はほとんど変動していません。
景気が変動しまくってる今、自殺者数も上がってもいいのに、それはなぜか。
この数字は、警察庁の発表であり、警察がこの数値に手をいれてるのではないか?っと言われています。

死因のわからない遺体のことを通常「変死体」と呼ぶのですが、それには3つに別けられます。
「犯罪死体」…その死亡は、犯罪が原因であることが明らかな死体。
「変死体」…その死亡は、犯罪が原因である疑いがある死体。
「非犯罪死体」…その死亡は、犯罪が明らかではないことが明らかな死体。

1998年に9万体だった警察取扱死体数が、2008年には16万1838体にも上り、
犯罪死体984体、変死体1万5038体、非犯罪死体14万5816体と発表されています。

内訳の「犯罪死体」と「変死体」の数値の変動はあまり変わらずで、「非犯罪死体」のみが
11年間に1.6倍強増加しました。犯罪死体・変死体が上がってしまうと、治安というところに響いてしまうからでしょう。
この「非犯罪死体」というカテゴリーの中に自殺が含まれています。

なにを言いたいのですか?というと、自殺者数の数が、いい加減に処理されてる恐れがあることです。
事実、亡くなってる人の死因の原因が不明っていうのは、よくあることみたいなのですが、警察は「それだと困る」という連絡が
医師の元に来るのですが、司法解倍には予算の関係でできないということから適当な病名をつけ、
警察の処理が必要でない「非犯罪死体」の数にいれられるみたいです。


けっして、自殺者数が増えるのを楽しみにしてるわけじゃないですよ。
日本人は働きすぎです。土・日くらい全部店締めてパーッと休めばいいのに。
サービス残業なんて犯罪ですよ。

さて、そんな数字トリックが日本でもあるかもしれないのなら、やはりリトアニアもあります。

ちなみに自殺の多い国は、旧ロシア領・北欧の国が多いです。

実際、行ってみて全く自殺大国には見えなかった。
もちろんそんな自殺が多い国がわかる目なんて持ってないけど。

調べてたら、その理由は失業者が多いためウォッカといった強いアルコールに走りその勢いで、自殺や犯罪に走るということでした。他には日照時間の問題とか。日照時間なら日本も負けてないかも。コンビニなんて24時間明るすぎるしね。

けど、なんか不に落ちない。たったそれだけで、そんなに跳ね上がってしまうのかな?
男性と女性の比率を見ると、男性のほうがズバ抜けて高いのがグラフでわかると思います。

http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/2772.html
そして北欧、旧ロシア領の国が高いことがわかると思います。

http://prw.kyodonews.jp/open/release.do;jsessionid=42B2416B34381D3E3A4353C6E6973A0B?r=200612058061
さらに、この国々の汚職指数ランキングを見てみると、旧ロシア領の国々がワースト10に入ってることがわかります。反対に北欧はベスト10の中です。この数値は少ない方が汚職が少ないということです。
北欧では、自殺防止の教育でに自殺率が減りました。反対に旧ロシア領の国々は減少しません。
理由は、警察がコントロールしてるということです。つまり事件でも自殺で処理してしまう。まるで日本と反対。
男女比率で見ても旧ロシア領の国々は男性の数が女性よりも5倍ほどと高い。これらのことから、
旧ロシア領や中欧の自殺率が高いのは、いい加減な警察が遺体を自殺にしてしまってる可能性がある。ってことがwikiに書かれてました。


疑問になったことを調べてたら、キリがないから自殺のお話はこれでおしまい。
14101148_574530450_195large.jpg
スポンサーサイト
[ 2010/09/01 00:05 ] リトアニア | TB(0) | CM(7)
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/01/31 09:55 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/06/04 16:48 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/07/17 08:31 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/07/24 07:11 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/08/10 20:40 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/08/17 07:43 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/08/26 16:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷらと。

Author:ぷらと。
自分のことが好きで幸せの
1985年生まれの23歳ぷらと。

思い立ったら即行動、そして失敗の繰り返しです。いつか成功することを信じて自分の道を進んでいきます!


名前の由来は、ぷらっとどこかへ行くから"ぷらと"です。


詳細プロフィールを表示!

メールフォーム
このblogに関する ご意見は、こちらよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

直通のメールboxに転送されます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。