ぷらとはどこにいる?

小さい頃からの夢を"諦めた"ぷらと。この広い世界をたくさん知るために旅に出た。ぷらとが見る世界をお届けします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

NGO体験記 3 私生活 

14101148_277681923_50large.jpg
滞在中は、ウガンダの風習を肌から味わいたかったのでホームステイしていました。町では水道は通ってるものの、水質が悪いためみんな井戸を水を利用しています。井戸の水は飲めるため僕もいつもその水を飲んでいました。そしてお風呂なのですがシャワーがあるものの、水が出ないため、桶に水を入れて手でジャブジャブするだけです。もちろんお水なので冷たい。

一泊200円くらいで泊めさせてもらってたのですが、毎朝、井戸組みの手伝いするのが条件。この井戸組みが想像以上に疲れるんだぁ~。
14101148_277681977_107large.jpg
みんなが見てる前だから、顔に疲れを出さないようにがんばってたのですが、井戸汲みがあれほど疲れる仕事とは思いもしませんでした。僕の汲み方で20Lのポリタンクを一杯にするのに110~120回ほど持ち棒を上下に動かしますが、だいたい50回くらい動かした時から腕と肩に疲れが現れてきて、そのうち気力との勝負。初めてやった時は2個のポリタンクだけで息が上がりました。

それを女性達は一人で数個から十数個のタンクに水を汲んでいくものだから拍子抜けでした。ただし、水を汲んだものはいいものの、今度は家に持って帰らなくてはいけません。幸い家から井戸まで30mほどの距離なので疲れててもなんとか持って帰れるものの、場所によっては、30分以上かけて持って帰らないといけないところも存在するし、全ての井戸が飲める水とは限らない。一部の場所では飲めるようにタブレットを入れて飲めるようになる。女性は頭の上にポリバケツを乗せて歩き、男性は自転車の後部座席などに3~4つのバケツを乗せて、自転車を押しながら家に帰る姿を幾度となくみました。小さな子どもが1.5リットルの容器を運んでる姿は強く印象に残っています。これらの井戸汲みの仕事は、男性も手伝っている姿もありますが基本は女性と子どもの仕事みたいでした。

男性優位の社会。一夫多妻は可能。女性は働く物。ホームステイしていた家には、車を所有していたのですが(キトゥグムの町では車の所有者はほとんどいない)、夫はいつも家を不在にして、夜もどこに行ってるのかわからない状態で、子どもの世話、家のことは全て女性がしていました。もし、離婚しても夫の判断で子どもは自分のものにできるみたいです。
14101148_277681663_35large.jpg
スポンサーサイト
[ 2010/07/24 22:53 ] ウガンダ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷらと。

Author:ぷらと。
自分のことが好きで幸せの
1985年生まれの23歳ぷらと。

思い立ったら即行動、そして失敗の繰り返しです。いつか成功することを信じて自分の道を進んでいきます!


名前の由来は、ぷらっとどこかへ行くから"ぷらと"です。


詳細プロフィールを表示!

メールフォーム
このblogに関する ご意見は、こちらよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

直通のメールboxに転送されます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。