ぷらとはどこにいる?

小さい頃からの夢を"諦めた"ぷらと。この広い世界をたくさん知るために旅に出た。ぷらとが見る世界をお届けします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

世界一危険な都市を散歩してみる。 

世界一危険な都市に認定されてるヨハネスブルグ。

ネットでは『リアル北斗の拳』と言われてるほど。

・軍人上がりの8人なら大丈夫だろうと思っていたら同じような体格の20人に襲われた。
・足元がぐにゃりとしたのでござをめくってみると死体が転がっていた
・腕時計をした旅行者が襲撃され、目が覚めたら手首が切り落とされていた。
・車で旅行者に突っ込んで倒れた、というか轢いた後から荷物とかを強奪する。
・宿が強盗に襲撃され、女も「男も」全員レイプされた。
・タクシーからショッピングセンターまでの10mの間に強盗に襲われた。
・バスに乗れば安全だろうと思ったら、バスの乗客が全員強盗だった。
・女性の1/3がレイプ経験者。しかも処女交配がHIVを治すという都市伝説から「赤子ほど危ない」
・「そんな危険なわけがない」といって出て行った旅行者が5分後血まみれで戻ってきた。
・「何も持たなければ襲われるわけがない」と手ぶらで出て行った旅行者が靴と服を盗まれ下着で戻ってきた。
・最近流行っている犯罪は「石強盗」 石を手に持って旅行者に殴りかかる。
・中心駅から半径200mは強盗にあう確率が150%。一度襲われてまた教われる確率が50%の意味。
・ヨハネスブルグにおける殺人事件による死亡者は1日平均120人、うち約20人が外国人旅行者。

"世界一危険"、この部門ではドバイが抜くことはなさそうです(笑)


では、ネットで蔓延ってるこれらの情報、実際どうなのか、行って歩いてみました。
通常ヨハネスブルグの市内観光は、あまりにも危険なためツアーで行くことが推奨されてますが、ちょうど宿で知り合った日本人3人と乗合タクシーで行きました。

もちろん打ち合わせをし、どのように歩くだとか、目線、最悪の想定なども入念に話合いました。

みなさんが上記から想像するに、街は廃れてて、シンナーを吸う若者。人々が着てる衣服はボロボロのスラム街。壁にスプレーの落書きがそこらじゅうにあり、店はどこも閉まってて車は通ってないのはもちろん、一般人は歩いていないと想像をしている(個人的主観w)かもしれません。
48388038_3996722439s.jpg
乗り合いバスの中

しかし乗合バスで市内に向かう際に、街の廃れ具合に驚くかと思ったのですが、どこの国でもある都会の中心街って感じで高層ビルがたくさん建ち並び、ゴミもそこまで落ちていなく、店は賑わい、僕たちが緊張して歩いてるのを忘れさせるかのように、たくさんの人がなにもないかのように友達と笑いながら話して歩いてました。

それでも、市内に着きバスから降りるときは、少しドキドキしました。

最初の目的地カールストンセンターというヨハネスブルグの中心地にある展望台の目の前で降ろしてもらい一目散にビルの中に入りました。
48388038_1238907248.jpg
双眼鏡で街を偵察。
48388038_931347544.jpg
覗く
48388038_4030051000s.jpg
48388038_440060169s.jpg
こんなタワー発見!!
48388038_2633018430.jpg
『ヨハネスは俺のもの』


大体、街の感じがつかめたので、タワーから降りました。
48388038_3985790151.jpg
地上から見る世界一危険な都市には高級車(BMWや、メルセデスベンツ、シボレー)が普通に走ってて、路駐までしてる余裕っぷりです。ニューヨークやシンガポールにある近代的な二階式のバスまで走ってます。


実際、他の国の危険な街だと地元民でもリュックサックを体前方に持って物を盗まれないようにとかショルダーカバンに鍵を掛けたりするけど、地元民はそんなことはしていませんでした。

ただ、外国人が近寄らないための配慮のせいか、外資系のファーストフードのお店は見ることはなかった。
マクドナルドのロゴが入ったゴミ箱が街のあちこちにあることが気になったけど。

そして、2日間に渡り市内を四回歩きました。昼と夕方。
それぞれ、5分、15分、10分、18分 計48分。

結果からいいますと犯罪に遭った回数は0回でした。

このエリアは黒人しかいないため、僕達みたいな黄色人種は激しく目立つため
ただ、ボーと歩いてたわけではなく、かなり周りに警戒してして歩いてました。
例えば、信号待ちでは一人が後ろを確認して追いかけてきている人がいないか、時々後ろを含め周りを確認したりと。

実際に、2回目では3人の男が僕達に気付かれないように追いかけていて、一人がそれに気づき歩道から車道に歩く方向を変えたから、難を逃れたけどあれに気付かなかったから三人とも首絞めに遭ってたかもしれません。

他は、特につけられることはありませんでした。

ってことで、近くにいる現地の人と話してわかったことは、悪さをする人はほんの僅かな人間。
悪さといっても大抵は、旅行者を狙った犯罪でお店などは滅多に狙わない。
しかもそれは限られてる僅かなエリア。エリアを外れるとスーツを着た白人男性も歩いている。大多数のアフリカ人は気さくな人達で、インド人に比べて全然イライラすることはないです。


ただ、一人で中心街へ行くのは超危険。バックパックや、旅行カバンを持って市内に行くものなら自殺行為っていうか150%犯罪に遭うと思う。殺人事件までは発展しない。


ちなみに今回、世界一危険な都市ヨハネスブルグを歩いたのはバスターミナルが中心街にあるためでここに行かないとどこも行けないため、必然的に通らなければなりませんでした。

それも厄介なことに、中心街のどこに降ろされるかわからないため行きたいバスを見つけるのにさ迷う結果になってしまい、ライオンの縄張りに入ってしまった猫って感じで、気づかれないように気づかれないように目的のバスを探さなければなりません。


以上のことを踏まえて、上記のネット情報は、ガセネタといいますか、話を持ち上げすぎてるなっていうのが感想です。
スポンサーサイト
[ 2010/05/04 17:50 ] 南アフリカ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷらと。

Author:ぷらと。
自分のことが好きで幸せの
1985年生まれの23歳ぷらと。

思い立ったら即行動、そして失敗の繰り返しです。いつか成功することを信じて自分の道を進んでいきます!


名前の由来は、ぷらっとどこかへ行くから"ぷらと"です。


詳細プロフィールを表示!

メールフォーム
このblogに関する ご意見は、こちらよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

直通のメールboxに転送されます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。