ぷらとはどこにいる?

小さい頃からの夢を"諦めた"ぷらと。この広い世界をたくさん知るために旅に出た。ぷらとが見る世界をお届けします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ニーハオトイレ 

10月21日
<クンミン>

朝6時、クンミンに到着。漢字でかかれた看板はでかく、中国にきたことを改めて実感しました。
今日はここで一泊する予定。事前に調べたユースホステルの住所と名前を頼りに、悠さんに教えられた
ように優しそうな女性に尋ねる
「ニーハオ」と言って、ここに行きたい素振りを見せる。

意味をわかってくれたようで、向こうのほうににあるバス停から、○○ というところで降りなさい書いてもらう。指さされた方へ歩いていく。ここで一つ気づいたこと。
それは人がやけに多い!まだ朝6時過ぎなのに、露店は開いて、お店もいくつか開いてる。そして、さらに驚いたのが大都市だということ。
俺のイメージでは内陸部は何もなく、誰もいないというイメージだったから驚いた。


バス停に向かう途中、いくつかの旅行会社に入り、英語が話せるかチェックするが、仕事に関係する少しの英語のみで道を尋ねても通じなかった。
バス停に到着し、優しそうな女性にどのバスに乗ればいいか尋ね乗り込んだ。


バスの料金は一律1元=14円。中国のバスは最新式みたいで、日本の市バスより遥かに上。バス内は液晶のモニターがあり、2両車両。アナウンスは中国語と英語だが、漢字の読み方がわからないので意味がない。運転手は女性で、紙に書いてもらった駅で降ろしてもらいました。


降りたところも高いビルだらけで、ほんとにユースホステルがあるか疑ってしまうほど。
まぁ、とりあえず教えてもらったバス停に降りれたことだしあとは、その辺りに歩いてる人に聞けばいいくらいだろうと思いながら、学生っぽい女性に尋ねる。
「ニーハオ」と先に出し、場所を聞くと「日本人?」っと返された。


あれ?この人日本人なのかなっと、「日本人ですか?」と尋ね返すと、「ううん」っと首を振られた。
この人はほんの少しだけ日本語が話せるみたい。服装や顔の白さ、靴を見ても日本人そっくりだ。


ユースホステルの場所を聞くと、顔をしかめて、ここは違う区だとジェスチャーと執筆で教えられる。
行き方はわからないと言うことで、「シェイシェイ」といって別れ、「クンミン駅」に戻った。
帰りのバスは出勤ラッシュとあってか、人が混んでいて俺のバックパックが申し訳ないくらい。
男性はスーツを着て皮靴姿。イメージできそうでできてなかった中国人の服装。

駅に戻りとりあえず、そのあたりをブラついてると、一人のおばちゃんに声かけられた。ノートを見せ、ここに行きたいことを告げると、おいでおいでと手を振られる。これは期待できる!っと着いて行ったら、長距離バス乗り場。
どうやらこのおばちゃん、俺のノートの違う文字を読んでたらしく「大理」と書かれた文字を読んでたらしい。大理はクンミンのあとに行くつもりだったけど、宿を見つける自信が沸いてこなかったので、そのままチケットを買うことにした。

だが、金が足らないことに気づき、ATMに入り金を下ろすもVIZAが対応しておらず、近くにATMがないみたいなので、値切ってチケットを買うことができた。79元=1106円

大理に向かう途中に高速に乗り日本の道路と似てることに気づいた。看板が同じ。なんか道路の作り方も似てる感じがする。ただ、車があまり走ってない。日本の12倍くらい走っててもいい感じがするけど、日本より少なかった。
586
585
588
<オービス>

中国人が運転する車は左右確認をしないためか、二車線なのに追い抜く間際にホーンを鳴らし注意を呼びかける。
途中、パーキングエリアで休憩がありトイレに行くと、「ニーハオトイレ」。これがニーハオトイレというものかと肌で感じて後にする。ドアがない!う○こ流さない!ションベンするところにう○こが転がってる!精神的ダメージがでかかった。。。

そんなこんなで、クンミンから5時間後、大理に着きました。

587
<家の家紋なのかな?>
スポンサーサイト
[ 2009/11/27 21:13 ] 中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷらと。

Author:ぷらと。
自分のことが好きで幸せの
1985年生まれの23歳ぷらと。

思い立ったら即行動、そして失敗の繰り返しです。いつか成功することを信じて自分の道を進んでいきます!


名前の由来は、ぷらっとどこかへ行くから"ぷらと"です。


詳細プロフィールを表示!

メールフォーム
このblogに関する ご意見は、こちらよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

直通のメールboxに転送されます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。