ぷらとはどこにいる?

小さい頃からの夢を"諦めた"ぷらと。この広い世界をたくさん知るために旅に出た。ぷらとが見る世界をお届けします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

田舎をもとめ 

10月27日~10月28日
<リージャン>
あいかわらず、人、人、人。ひとゴミの中はもううんざりなので、宿のワンコと遊ぶ。
サンセットをまだ見てないことに気づき、慌ててサンライズ見れそうなところにいきました。
そしたら日本人グループの50~60代の団体と会い、少しお話しました。
「若いうちにもっといろいろいっとけばよかった。この歳になったらもう足が動かない。」
よく耳にする言葉だ。

夕食は中国人6人と日本人2人で一緒にレストランにいきました。
サーモンの刺身を食べにいくということだったので、中国人も刺身食べるのかと思い、彼女らに「刺身食べるの?」
と聞くと、刺身を食べるのは初めてだという。
レストランにタクシーで移動後、高級レストランということに気づく。
水槽に飼われたサーモンとは言い難い魚を網で掴みとり捌くという方式。

8人分の皿に刺身が盛られ、いくらするんだろうと…と内心冷や汗。
味は、日本のサーモンの味と似てようで似てない(?)味がうすいのかな。
けど、全然うまいので、皿の上の自分のサーモンがなくなっていくのにちょっと残念。
中国人!残すんだ!!っと唱えてると、中国人の刺身の食べる速度が遅くなってくる。
終いには残してしまい、日本人よ。たべなさいっと願いが叶い、5~6皿分の刺身を2人で食べることができたのでした。

満足したらあとは、人間観察。中国人は酒を飲むたびに毎回みんなで乾杯をし、やはり口をくちゃくちゃさせるのは
文化のようで、カクさんだけ口を閉じて食べていました。

そんなこんなで夕飯が終わり、真のお会計。。。一人57元(800円)この度2番目に高い食費。
一番目はタオ島で食べたイタリアンレストラン1500円。
こんなけサーモンたべれたし、まぁいいかなってことで満足したのでした。

翌日は特にサーモンを食べた影響の体調不良も訴えることなく、シャングリラへと移動できたのでした。
スポンサーサイト
[ 2009/12/19 03:09 ] 中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷらと。

Author:ぷらと。
自分のことが好きで幸せの
1985年生まれの23歳ぷらと。

思い立ったら即行動、そして失敗の繰り返しです。いつか成功することを信じて自分の道を進んでいきます!


名前の由来は、ぷらっとどこかへ行くから"ぷらと"です。


詳細プロフィールを表示!

メールフォーム
このblogに関する ご意見は、こちらよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

直通のメールboxに転送されます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。