ぷらとはどこにいる?

小さい頃からの夢を"諦めた"ぷらと。この広い世界をたくさん知るために旅に出た。ぷらとが見る世界をお届けします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最終回 ミャンマーの旅 

<ヤンゴン>
朝5時半に到着、バスターミナルから3ドル払い市内のGHまで連れてってもらう。


この旅始って初の日本人宿に泊まりました。日本人宿とは、名の通り日本人が経営してる宿で、客のほとんどは日本人です。あまり日本人宿には泊まりたくないけど、情報ノートというこれまで旅してきた人達による手書きのノートが置かれてるんです。10年前以上の本がありました。そんな情報を自分のノートなどに写しながらこれからの旅の情報収集をしました。

人通り見終わった後、ヤンゴン市内を歩きました。昔、イギリスの植民地だったらしく、イギリス建築が多々見受けられました。教会・モスクもありました。ただ、ぶっちゃけると、ヤンゴンはあまり面白いところとは言えない。っていうのも、ヤンゴン以外良過ぎたってところに原因があるのかもしれない。国の文化はだんだんと薄れて来てるって感じで、タナカを塗ってる人があまりおらず、ロンジーを履いてる人も見かけない。インド系の人達が多くなったってことははっきり感じた。
457


翌朝、ミャンマーの環状線を乗ることにしました。ミャンマーにも電車はあり、3時間かけて一周するという。料金は1ドル(1周料金)。電車は1~2時間おきに出発されている。早く行き過ぎたため、切符売場の中で待たしてもらった。売り場の中は20歳と45歳くらいの二人だけ。20歳の係り員は英語が話せる。たまに来る客に切符を売り、その他は一緒に遊んでくれた。その中で驚いたのが、日本製の最新のデジカメを持ってたこと。値段を聞くと、日本より2万高い感じだったけど、どこで入手したのか、そのお金はどこから…っと感じた。ミャンマーでこんなデジカメ売ってるはずがない。


電車は初めて見るもので中は木でできており、出発そうそうギブアップしかけた。

ケツがいたい!

451

外国人席・係員席が同じで離隔されている(ヒモが張られてただけだけど)


この電車はヤンゴンに住むミャンマー人の生活風景が見れてよかったけど、ヤンゴンはお世辞にもいいところだ、とはいいがたかった。ゴミが酷い。そこらに落ちている。ところどころに流れる川は異臭がする。こんな川では体が洗えない。

家々は場所によるけど、立派な家が立ち並ぶ箇所もあった。

電車の中はぎゅうぎゅうで、通路は野菜を抱えた女性がたくさんいた。

452

何事もなく一周するかと思ったけど、ハプニングが起きた。ぎゅうぎゅうの席をかきわけて歩いてくる係り員と、数人の人。外国人・係り員エリアに入れられて、座らされている。その人々の表情は下を向いていた。

ちょっと来いと、指で指示され、前にいくミャンマー人。なんか言い訳をしてるみたいだけど、引かない係り員。たぶん不正乗車してたのだろうとなんとなく思った。数人はお金を係り員に渡して帰されていたけど、金ない人は奥で泣いていた。ホームを歩き、階段を登ろうとすると後ろで、係り員と先ほど捕まった人等はどっかに連れていかれる様子だった。




ヤンゴンでは、3日間滞在し、時間が余ったので英語が話せることを前提にタクシーを半日チャーターし、郊外を走ってもらいました。観光名所ではなく裏のヤンゴンを…(!)
459


夜は、ミャンマーに長期滞在10年以上(!)している3人の方とそれぞれお会いさせていただきました。お二人は経営者でもう一方は、現地で働いてる方。ミャンマー人の苦労話や、良いところ。ヤンゴンのこれからの未来など、とても濃い話をお聞きすることができました。そして、俺がミャンマーを旅してて知り得た情報+@のアウトプットの場にもなってよかったです。ただ、「(ビジネスについて)勉強不足だよ。」っというお言葉ももらい、少し凹みましたが、「若いのによくそんな考え持てるわね」と褒めてもらえたのでよかったかな。あと行動力あるねとも褒めてもらった(^^)v

ヤンゴンの早朝は、港で居座りミャンマー人の観察をずっとしていました。
458


出国の日、バガンで奇跡的に再開したNさんと合流し、タクシーチャーターして空港に向かい、ミャンマーを後にしバンコクへ向かいました。
454


空港税はピン札の10ドル紙幣しか受け取ってくれないので注意です。欧米人困っていました。


この旅は、往復航空券で行ったこともあり、「一つの旅」という感じで、とても奥の深い旅でした。10年後のミャンマー。バガン・インレー湖はこのままであってほしいですが、ネピドー・ヤンゴンは一気に変わるはずです。

453



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中!気づいたらクリックお願いします。
スポンサーサイト
[ 2009/10/23 18:52 ] ミャンマー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷらと。

Author:ぷらと。
自分のことが好きで幸せの
1985年生まれの23歳ぷらと。

思い立ったら即行動、そして失敗の繰り返しです。いつか成功することを信じて自分の道を進んでいきます!


名前の由来は、ぷらっとどこかへ行くから"ぷらと"です。


詳細プロフィールを表示!

メールフォーム
このblogに関する ご意見は、こちらよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

直通のメールboxに転送されます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。