ぷらとはどこにいる?

小さい頃からの夢を"諦めた"ぷらと。この広い世界をたくさん知るために旅に出た。ぷらとが見る世界をお届けします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ミャンマー リピーター率の高い街 インレー 

インレー2日目
この日はトレッキングをしました。
本来はピンダヤという町に移動して、洞窟寺院をみる予定でしたが、インレーにも洞窟寺院があり、ピンダヤと変わらないし、時間とお金を考えてもインレーの洞窟寺院がおすすめっと商売トークに乗せられてトレッキングついでに洞窟寺院に行きました。15ドル。
106
<爆竹を鳴らす子どもたち>

このトレッキング内容は、インレーに住む民族をみて、山の山頂からインレー湖を眺めるというトレッキング。難易度は低く20kmをトレッキングします。参加者は2人らしいけど、一人のが好きなのでお願いしてガイド1人俺の2人にしてもらいました。


ここの会社ツアーは普通のインレー湖に住む人達をみてもらいということをモットーにしてるらしい。


ガイドは同年齢のウインディ。彼は前夜、日本人のガイドをするということで日本語の勉強をしてたらしいが、緊張してしまってやっと憶えた「こんにちは」がヘンな言葉になってた。英語は堪能なんで問題なし。



初のガイドを付けてのトレッキング。
390


淡々と山頂を目指すのかと思いきや、花・草の名前・何に使うのか、民族の意味、学校について、ミャンマーの裏事情(!?)、ミャンマーの現状、彼の悲惨な過去、そしてエロトーク…。エロは世界共通なんだと改めて実感。。。



ほんとミャンマーは自然が多く緑豊か。これでもか!ってほど農作物を耕していて、超貧困層でも餓死をしない理由がわかる。

396


洞窟寺院はその名の通り、洞窟の中に寺院があり、モンクが住んでいる。
391

洞窟をかなり奥に入っていったら、明かりも周りの音が聞こえないところにつく、そこでモンクが一日のほとんどを瞑想するらしい。ここのモンクは一日1回の朝ごはんのみ食べるのみ。砂糖・お茶は許されてるみたい。
392



昼飯は、竹で作られてる普通の民家で食べた。コンロなんてなく、マキに火を灯していくからご飯ができるまで50分くらい待った。その間、ガイド通訳代わりにしてこの家の人とお話をした。


ご飯はおいしく、残さずに食べようとするも多すぎて残してしまった。普段は残さない。家の人に謝ると、食べるから気にしないで笑 っと。
394
395


その後トレッキングをしながらガイドと話してると、孤児院があるということを教えてもらった。手や足がない子がたくさんいるみたく、学校の校舎もボロボロ。服なんてあってないのに等しい。彼が行ったときは、現状を見てられなくて涙を流したという。


孤児院には旅中に行きたかったので、明日にでも行きたい!っと言ったけど、一つ忘れていたことを思い出した。宿で知り合った子とボートをシェアして年に1度の祭りを見に行く約束だったけど、どうしても見にいきたかったので、あとでちゃんと謝ったらいいかなと思い孤児院にいくことに決めました。バイクで1時間くらいのところにあるということだったので、彼と翌日行くことにした。


399
398
397


山頂後は日本の昭和をただわせるような街並みを歩きながら、元の町まで歩いていきました。この辺りにくるとゴミがあちこち少しだが見受けられるようになった。
俺「ゴミ焼却はどうしてるの?」
ウ「んなもんないさ、ポイポイそのあたりに捨てるだけだよ。あとは燃やす。」
俺「家庭で?」
ウ「そう。ポイ捨てするのはいけないことというのは知ってるよ。」

401

街に着きミャンマービールで乾杯!550チャット=55円
400


夜、ゲストハウスのママに今日あったこと・明日、孤児院に行くことを伝えると、ガイドの名前を教えるように言われた。名前は忘れたので特徴をいうとわかってもらえず、やな気配がしたけどなんで孤児院なんかにいくのかと聞かれた。自分が思ってることをそのまま伝えると、ママの表情が変わり明日昼から少し離れた実家に戻るからついでにプライベート学校に連れてってあげるから昼には戻ってきて。と言ってくれた。
393

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中!1日1クリック気づいたらポチっとお願いします。
スポンサーサイト
[ 2009/10/14 17:26 ] ミャンマー | TB(0) | CM(3)
こんな景色の良いところでエロトークて。

貧しいとこほど自然があるのかなぁ。すごくキレイね、ここ。
洞窟寺院の生活雑貨(?)が、カラフルすぎてウケたけど(笑)
そういやゴミについて、いろんな土地で話しているけど
なんかあるの?
[ 2009/10/15 13:48 ] [ 編集 ]
あ、誕生日おめでとう!!
[ 2009/10/15 13:50 ] [ 編集 ]
> 貧しいとこほど自然があるのかなぁ。すごくキレイね、ここ。
たしかに言われてみればそうかも!工場なかった!
こういうところはずっと残ったままでほしい!!


> 洞窟寺院の生活雑貨(?)が、カラフルすぎてウケたけど(笑)
生活雑貨すごいよー!でっかい取っ手棚もあって、中に食器も入ってるくらいだから!!


> そういやゴミについて、いろんな土地で話しているけどなんかあるの?
なんでだろうね。ゴミを意識してるせいかどうしてもゴミがあったら目に止まってしまうんだよね。
フィリピンでみたゴミ山があまりにもすごかったせいかもしれないな~。今度アップする!
[ 2009/10/18 19:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷらと。

Author:ぷらと。
自分のことが好きで幸せの
1985年生まれの23歳ぷらと。

思い立ったら即行動、そして失敗の繰り返しです。いつか成功することを信じて自分の道を進んでいきます!


名前の由来は、ぷらっとどこかへ行くから"ぷらと"です。


詳細プロフィールを表示!

メールフォーム
このblogに関する ご意見は、こちらよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

直通のメールboxに転送されます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。