ぷらとはどこにいる?

小さい頃からの夢を"諦めた"ぷらと。この広い世界をたくさん知るために旅に出た。ぷらとが見る世界をお届けします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ミャンマーの旅5 バガン 

9/14
夜8時に付き、バガンの入場料10ドルを払いました。
宿前に行くと馬車に乗った人から声をかけられた。
「私は日本語が話せます。」
「私はバガンで産まれました。バガンのすべてを見せます。」
と同じ言葉を機械のように連発。最初、まったく相手にしてなかったが
英語は官能だったので少し冒険がてらに承知した。8000チャット=800円

宿は適当に見つけたところ。ドル払い。一泊5ドル。朝食付き。
部屋内にシャワー、トイレがありクーラー付き、この値段だと俺的ゲストハウス、ランキング1位です。
242
<朝ごはん写真フルーツてんこもり>


初めての馬車、コトンコトンと馬の足音が気持よく、寝転がって風景を眺めるのがのんびりして気持よかった。初めてみるパゴダ。1875年に大地震があり本来4000以上(!)あったパゴダは2000まで減ったという。それでもひとつひとつのパゴダの中にはほとんどが大きな大仏があり、昔の人の労働力に驚かされるばかりだった。レンガ積みのパゴダだけど地震のせいで破損してるところも多く、修復されてるところもいくつもあった。


ぷらとおお
<観光バスをこれほど憎んだことはない>
225



9/15
昨日遺跡周りをしてるときに後ろから自転車で追いかけてきた男性と遺跡めぐりをしました。
彼の名前は「タンタン」
232

最初は怪しいと思ってたけど、話口調からとても優しい人と思いガイドをお願いしました。
パゴダの絵描きともあり、パゴダに関してはとても詳しい。
なんの意味のあるパゴダなのか。内部に書かれてる絵の意味。オリジナルか。などなど
ガイドブック持ってない俺にとったらかなりよかった。
たぶんガイド雇わずにただまわってるだけだと、どこも同じパゴダだと思いつまらないと思う。
234


夜、気持ちだけお金を渡そうとすると、いらないという。いろいろ教えてもらったので
悪いと思い、彼の書いた絵を2枚15000チャットを買いました。
絵はうまい!とはいえないけど、通常でも15000チャットはするので、お互いよかったのかな。
238
239

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ブログランキング参加中!1日1クリックお願いします。
スポンサーサイト
[ 2009/10/11 20:09 ] ミャンマー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぷらと。

Author:ぷらと。
自分のことが好きで幸せの
1985年生まれの23歳ぷらと。

思い立ったら即行動、そして失敗の繰り返しです。いつか成功することを信じて自分の道を進んでいきます!


名前の由来は、ぷらっとどこかへ行くから"ぷらと"です。


詳細プロフィールを表示!

メールフォーム
このblogに関する ご意見は、こちらよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

直通のメールboxに転送されます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。