ぷらとはどこにいる?

小さい頃からの夢を"諦めた"ぷらと。この広い世界をたくさん知るために旅に出た。ぷらとが見る世界をお届けします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

NGO体験記 6 HIV・エイズ 

転写禁止

ほぼ毎日のようにエイズ・HIVの話しやアンケートをとっていました。(NGOの活動とは全く関係ありません)
アフリカに来なかったらまず、こんな話はしていないと思います。異性とならなおさらです。
ナミビアを抜けてからあまり気にしてなかったのですが、ここウガンダでは、エイズの発祥地と言われてくらい、エイズ問題が深刻みたいです。

コンドーム不足の問題もあるみたいですが、エイズ支援として世界基金から問題対策用に資金を寄付されるも資金紛失により、4億円が医療関係者らの給料に消えたという事件があったのは今年の話。

ウガンダでは一つの家庭で7人の子どもが平均です。学校に行くとあまりにも子どもの多さに驚くほどです。日本など先進国から見ると産みすぎと思われるかもしれませんが、動物本来のことと考えれば普通なのかもしれません。

アフリカでは幼児が亡くなるケースがとても多いと聞きます。腸チフスという菌に汚染された水や食べ物から感染する病名なのですが下痢で亡くなる高校生もいるくらいです。日本ではここ50年で激減して年100人前後にとどまっています。この腸チフスは抵抗物質により死亡するケースは少ないものの、アフリカでは病院に行くお金・薬を買うお金がないため死亡するケースが上記のことみたいです。


日本ではエイズ・HIVはあまり騒がれていませんが、統計からするとここ数年で鰻登りに上がっており、先進国で唯一増加する国となっています。
14101148_387753370_30large.jpg

在外国人感染数も含む
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/2250.html

グラフ

これは検査を受けた人だけであって、強制検査なんてなった日には、世界的ニュースになるのではないかと個人的に思っています。

キトゥグムの町では、HIV検査を受けれるみたいで、外国人でもHIVに関して問題視してるということを彼らに知ってもらうために行きました。HIV検査は無料で受けれます。
検査というと注射で血液を取り、数日後結果がわかると思っていたのですが、実際は人差し指の先にカミソリみたいな刃でキズ口をつけ、血液を取るという感じで、結果も15~20分ほどでわかりました。あとあとわかったのですが、一回のHIV検査で使う器具のことを簡単キットというみたいです。

結果はポジティブかネガティブのみ。日本人にとって(僕だけかも?)ネガティブと聞くと、悪い結果と思いがちですが反対で、ネガティブが異常なしです。HIV感染は性行為後すぐにわかるのではなくて、2ヶ月~3ヶ月と言われています。だから誰からもらったのかわからない人も多いのです。


僕が病院に行った時は、女性がほとんどで男性は、鎖で繋がれた受刑者のみでした。
検査に来る男性は女性と比べると極端に少ない。10:1くらい。HIV患者用の講習会にも男性の参加はいないに等しい。
来ない理由は、自分は大丈夫。という理由だけではなく、もし自分が感染していたことが分かると、周りからの目。彼女できない。ヤれない。結婚できない。これらが参加しない理由だと思っています。

これらの背景を詳しくいうと、男にとって結婚できないことは、子どもを手に入れられないことに繋がります。彼らの土地を子どもに守ってもうことができなくなると、自分の領土を誰かに奪われる恐れもあります。日本みたいに不動産やある機関が土地を管理しているわけではありません。ここは俺の土地。ここに線が引かれてないから俺のもの。単純な話そういうことみたいです。


HIV患者の場合エイズ発症を抑えるために朝夜8時に薬を飲まないといけないらしいです。
酒などのアルコール類は治るまで禁止のため我慢できない人はたくさんいそうだし、アフリカの人は田舎に行くほど時間という概念をあまり持っていないため、一定の時間に飲むことができなかったりします。

HIV・エイズ患者が減少した。という記事も時々見ることもありますが、あれは患者が一気に亡くなったから減少したのではないか?っという見方もあります。

コンドームでHIVの感染をある程度防げるということは、アフリカのだいたいの国の人は知っています。教育が行きとどいてないのは、アフリカの広大な大地に家が点々とある田舎部のほうで、コンドームを支給されてもゴミ袋として使われてるとか。ただし、そこには宗教的絡みからコンドーム使用反対があったり、貧しい売春婦を逆手にとって男性が強要したりします。

とある地域では、HIV感染率が80%というところもあります。(国全体ではありません)
そのような地域では男性のHIV・エイズ患者数が女性より上回っていることが多いです。
漁師といった職種から収入が少なく命に関わる危険な仕事をしているため、毎日の給料で、飯、酒、女に使うといいます。

彼らは言います。
「俺達に将来なんてない。明日死んでもおかしくないのだから、エイズになろうとどうでもいい」

勉強不足なところあればご指摘を!
スポンサーサイト
[ 2010/07/25 23:09 ] ウガンダ | TB(0) | CM(0)

NGO体験記5 車探し 

14101148_376468774_227large.jpg
僕は、車に関したら詳しい。ってことで車を探してる時にタイミング良く僕がボランティアで参加することになったので、首都に移動して車探しの手伝いをしていました。

ウガンダで走ってる車の9割は日本車です。日本では地球にやさしい車などとCMで流れてますが、中古車として日本では使わなくなった車は、海外に輸出され日本で走ってた以上に海外でモクモク黒い公害を出しながら今日も地球のどこかで走っています。東京都などの大都市では排ガス規制で所有できなくなった車など海外に来ています。なぜ、海外で走る日本車は日本以上に地球を悪くしてるといいますと、途上国では車を直すにもお金がないので、適当なパーツ(俗にいう、ふっつけばなんでもいい)で直してしまうからです。

ってことで、現地点でいうと日本が地球にやさしい車を発売しても、恐らく地球はよくはなってなかったりするのです。その公害をまき散らしてるのに目が付くのが、"TOYOTA"と書かれた文字とエンブレムです。TOYOTAはこれを無視するのではなく公害を減らす装置を海外で配布しないといけないと思う。

車探しは、毎日朝から夕方まで一日10件を目標に車屋を何件も周りました。そんなに車屋があるの?っと思われるかもしれないですが、ある地域に行くとずらーっと車屋が立ち並ぶんです。
お目当ての車は、ランドクルーザーのプラトと、サンラックスサーフの95年~98年生産の物。走行距離18万キロだったり20万キロだったりと、日本だったら絶対敬遠したくなるような車を慎重に壊れないものを探さなくてはいけない。

友達からは、せっかく首都から10時間もかけてボランティアしに来てるんだから、責任問題になる車探しはしなくてもいいよ。とのことだったのですが、普段、旅してて車の流通経路なんて調べれないのですが、今回はNGOという名があるので、普段知れないようなことが知れておもしろいからよかったのです。
14101148_376468782_85large.jpg
日本語が読めることにこんなに感謝したことは、この車探しが初めてかもしれません笑
とにかく不正が多い。びっくりするほど多い。メーター戻しは当たり前。海外に輸出される前に盗難車やメーター巻き戻しなどを検査する機関が最近できたみたいだけど、それを悪用した不正。こういう不正を指摘すると売り手は謝って違う車を紹介されるが、また不正というオチもありました。

状態が良さそうな車があっても日本人ということで値段をふっかけられる。何件も車屋を走り回り、やっといい車を見つけた…と思ったのにだ。ほんとハラハラしい。

車探しは、マネージャーと、ウガンダ人整備士の三人で探し、最後に良い車をボスに見せるという段階を踏みながら探してました。ウガンダ整備士の目と僕の目では「車の状態が良い」という基準が全然違います。何回か口論になりました。

状態が「良い・悪い」という二極化に別れてしまい、ウガンダでボランティアされてる日本人の整備士と電話で話し合った時がありました。彼曰く、ウガンダに限らず、途上国では部品はツケばなんでもいい。という理由で、"多少状態が悪くても車が走れば大丈夫と判断する"っということだったのですが、修理する機材が揃っていないので、日本で15分くらいでできる修理作業が、ウガンダや他の国では1日や2日要すこともあるみたいでその時に、別の部品を悪くさせ再度修理することになるとのことでした。

結局、一週間後に購入したのですが、その車は日本から車屋に入荷したばかりの車で、状態は良いものの故障の原因となる場所が壊れる前兆を表してたので、値段と状態を比較して、おすすめしなかったのですが、我らのボスの勢いで買うことになりました。
14101148_376468770_58large.jpg
代表のポケットマネー。16.117,000ウガンダマネー
[ 2010/07/24 22:59 ] ウガンダ | TB(0) | CM(0)

NGO体験記 4 地酒 

14101148_290219097_48large (1)
図書業務より現地の人と話すこと優先。っと言われてたので、地酒を飲むべく集落へと遊びに行ったりしました。地酒は貧困層が作って生計を立ててるみたいで、どこにあるんだろうと貧しそうな地区に入り込んでいくと、遠くに12人くらいの男達が輪になって座ってたので、興味本位で行ってると、輪の中心に置かれたバケツに1.7m~2mくらいの長さのストロー状のものが、いくつも付き刺されて、陽気な男達が口に咥えていた。

「写真ないから絵を書こうとおもったけど、めんどくさいからやめた♪」

あまりにも長いストローに、一瞬、アラビアの国でよくある、水タバコかな?って思ったのですが、どうやらこれが地酒みたく、「輪の中に入っていい?」って聞くと"welcome"と男達に引き寄せられた。
これ飲みたいと指差すと、咥えてたストローを渡され飲んでみろと言われる。おっさんと間接キスかよ!と思いながら、ストローでバケツの表面を無意味にかき回し、”細長いストローで吸うんだから肺に入ってる空気を全て出し、力を入れて吸引しなくちゃいけないだろう”とイメージしながら、僕が期待する酒の味を考えていたのですが、一向にイメージしてるものが口の中に入って来ない。あれ~っと顔をしかめてたら、ワームワームと「温かい」と周りから言われ、脳みそが回転しまくり、口のなかに温かいものが含まれていることを確認した時には、結構なお酒が口の中に入っていた。

「あっ!!不味っ!」と思いながらもゴクっと飲んでみると、どこかで臭ったか、食べたことのある味で思いだせない。この何とも言えない味を無理やり例えるなら、”味噌を軽く焦がした味”
吐くほどまで不味くはない。ただし、地酒というわりには、アルコールがほのかにするだけ。たぶん1%以下。どこで臭ったか、どこで食べたことのある味だろうと、フルに脳みそを回転させながら何度も飲んだけど思い出すことができなかった。

結論:好んで飲みに行くものではない。

*追記:酒を飲んでいると、名前が書かれたノートを見せられた。この酒を飲んでる人の名前みたいだけど、意味がわかんないでいた。翌日聞いてみると、たぶんストローを回してるから、唾液がバケツに入ったりして病気になった場合、この酒が原因なら、このノートで飲んだ人を特定するんじゃないかということでした。インドだったら友達でも口を付けずに飲んでたなっと思いだした。


話は変わり、アフリカに入ってから、もしくは一眼レフに変えたせいでもあって、極端にアフリカの写真が少ない。ウガンダで活動してるときに撮った写真なんてほんと少ない。これには四つ理由があり、

一つ目は、カバンから取り出すのがめんどくさい。

二つ目は、写真ばかり撮ってると活動に専念できない。

三つ目は、カメラは基本的にどこの国でも嫌がられる(民族や、年配の方、女性)ので、相手に嫌る気持ちをもってほしくない。逆の立場だったらわかるはず。

四つ目は、僕の行ったアフリカの国のほとんどで、撮っていいところとだめなところがある。

今回はこの四つ目を書いてみようと思います。

アフリカはいろいろとめんどくさい。人ごみの中を撮ったりできない国があったり、黒人にカメラを向けにくかったり、バスターミナルを撮ったらだめだったり、かたや写真を撮ってくれっていう人もいたり。。。ほんとめんどくさい。
さらにはショッピングセンターの中を撮ってたら、警備員に「撮るのは違法だ、金寄こせ」って平然とした表情で言ってくるのだけど、ただの金ほしさで"違法だ"って言ってったりする。その見極めがめんどくさい。ほんとめんどくさい国々。
14101148_277718469_161large.jpg
[ 2010/07/24 22:56 ] ウガンダ | TB(0) | CM(0)

NGO体験記 3 私生活 

14101148_277681923_50large.jpg
滞在中は、ウガンダの風習を肌から味わいたかったのでホームステイしていました。町では水道は通ってるものの、水質が悪いためみんな井戸を水を利用しています。井戸の水は飲めるため僕もいつもその水を飲んでいました。そしてお風呂なのですがシャワーがあるものの、水が出ないため、桶に水を入れて手でジャブジャブするだけです。もちろんお水なので冷たい。

一泊200円くらいで泊めさせてもらってたのですが、毎朝、井戸組みの手伝いするのが条件。この井戸組みが想像以上に疲れるんだぁ~。
14101148_277681977_107large.jpg
みんなが見てる前だから、顔に疲れを出さないようにがんばってたのですが、井戸汲みがあれほど疲れる仕事とは思いもしませんでした。僕の汲み方で20Lのポリタンクを一杯にするのに110~120回ほど持ち棒を上下に動かしますが、だいたい50回くらい動かした時から腕と肩に疲れが現れてきて、そのうち気力との勝負。初めてやった時は2個のポリタンクだけで息が上がりました。

それを女性達は一人で数個から十数個のタンクに水を汲んでいくものだから拍子抜けでした。ただし、水を汲んだものはいいものの、今度は家に持って帰らなくてはいけません。幸い家から井戸まで30mほどの距離なので疲れててもなんとか持って帰れるものの、場所によっては、30分以上かけて持って帰らないといけないところも存在するし、全ての井戸が飲める水とは限らない。一部の場所では飲めるようにタブレットを入れて飲めるようになる。女性は頭の上にポリバケツを乗せて歩き、男性は自転車の後部座席などに3~4つのバケツを乗せて、自転車を押しながら家に帰る姿を幾度となくみました。小さな子どもが1.5リットルの容器を運んでる姿は強く印象に残っています。これらの井戸汲みの仕事は、男性も手伝っている姿もありますが基本は女性と子どもの仕事みたいでした。

男性優位の社会。一夫多妻は可能。女性は働く物。ホームステイしていた家には、車を所有していたのですが(キトゥグムの町では車の所有者はほとんどいない)、夫はいつも家を不在にして、夜もどこに行ってるのかわからない状態で、子どもの世話、家のことは全て女性がしていました。もし、離婚しても夫の判断で子どもは自分のものにできるみたいです。
14101148_277681663_35large.jpg
[ 2010/07/24 22:53 ] ウガンダ | TB(0) | CM(0)

NGO体験記 2 

<転写不可>
図書館は朝10時~3時半までOPENする。
一日の利用者は多い日で70~80人くらいで、初めて来る人が毎日5人くらい増える。
利用者数は1500人(キトゥグムの町は人口7000人)ほど。ちなみに図書館の利用者は15歳以上の方がほとんどで、男性が多かったりする。これらの顧客管理・本の管理はPCを使いバーコードでピッ♪…といくわけがなく、一枚一枚自分達が線を引いて作った手作りの記入用紙が顧客データーとして残ります。それらの手書きの用紙を名前のA~Zの順にファイルに挟んでいく感じ。

一枚の記入用紙をコピーすれば早いことなのだけど、コピー代が日本のように一枚5円とか10円でではなく、一枚25円もしてしまうのです。図書館の運営費は代表のポケットマネーで賄っているので、そんな大金をコピーだけに出せません。こんな手間なことをしてると、ITってほんと便利だな(図書業務って暇だろうな)っと思いました。
14101148_290094832_44large.jpg
1500人分のデーター管理って想像以上に大変。用紙に名前を記入してもらうのですが、鈴木さんや佐藤さんいう聞きなれた名前とわけにはいかず、Ochanや、Okelloと聞いたことのないローマ字の文字体が並ぶ名前。だから来た人の用紙を取り出すだけで時間がかかり、次に来た人がいたら列になっていくけど、日本人的立場で考えるとお客様にイライラさせないように急がないと!と焦ってしまうのですが、ここはアフリカでは特に列に並ぼうが時間という意識があまりないからお客様立場でみても、どうも思ってなかったりする。

僕が来てからの3日間、10歳以下のキッズが全く来ない時がありました。町を歩いててもシカトせず、人と入れ違う時は、必ず挨拶してるし、おちょくったり、おちょくられたり、怖がらせたりしてるし俺の責任ではないはず。。。

そんなある日、朝から制服を来た子ども達がたくさん来ました。「学校は?」って聞くと、「……お金が払えなかったの。」っと、聞き取りにくいけど、学費が払えなかった。と英語で返ってきます。月に1、2回ある学費の支払い日で学費が払えなかった子ども達がここに来ている様子。キッズは6~10歳なので自分の名前を少し書けます。っていうより記号を解読していく感じなので、ファイルから彼らの名前を見つけ出すのに非常に時間がかかるわけですが、ある子に限れば自分の名前を間違ってたり、左右逆だったり、年齢を間違ったりするのだから驚いてしまいました。
14101148_290219095_74large.jpg
こんな感じで授業料を払えない子ども達や学校に行けない子どもがいます。日本人からしたら「え?こんな額で?」と思う金額を彼らは払えないわけです。なんせ親の給料が職種により変わるのですが一日200円(こっちの1.5Lのペットボトル三本分)だったり100円以下だったりもするし、子どもが8人もいるしで、払えるわけがないんです。公立の学校は授業料が安いか無料なのですが、それでもノート代などの他のお金がかかるので、学校に行けなかったりします。
14101148_290219097_48large.jpg
[ 2010/07/24 22:50 ] ウガンダ | TB(0) | CM(0)

NGO体験記 1 

<転写不可>
14101148_277681902_188large.jpg
ウガンダ北部のキトゥグム。
ここは5、6年前まで内戦があったところだと聞いていました。
町の雰囲気だけでは当時の記憶を読み返す印象は受けなかったのですが、初日に泊ってた宿の若い従業員に「俺、前まで少年兵(15歳以下で拉致されて兵士にさせられる)だったんだ」と、言われた時は、返す言葉がありませんでした。
14101148_277718302_215large.jpg
キトゥグムは、小さな町で3日もいたら飽きるかもっと思っていましたが、三週間いても飽きず、毎日が新しい発見の毎日でした。
初めて見るUNと車に貼れたユニセフの車、英国最大NGOのOxfam、アメリカのUSAID。
そして、国境なき医師団の車や事務所などと、聞いことはあるけど本の中の世界の話しだと思っていた僕が今それらを目の前にしてることに不思議な気持ちが時々漂っていました。
14101148_277681978_121small.jpg
14101148_277681660_192small.jpg
現地のウガンダ人はとても気さくで、すぐに友達になり、「なぜ昨日この店に来なかったんだ?」っと言われるほどです。

NGOの仕事内容は図書館業務。
図書館の利用者が思ってたより多く、子どもから大人まで幅広く、何時間にも渡って本を読んでる人や、毎日来る人もいて驚きました。子ども達はお絵かきするのを楽しみに来ていて、紙に絵を書くこと・色を使うこと。それらのことから紙がいかに重要なものかを知りました。そんな子ども達が書く絵には兵士や軍と思われるペリコプターも書かれてることから内戦の面影もまだ残ってるんだなっと思いました。
14101148_277718214_88small.jpg
14101148_277718159_217small.jpg
図書館は静かにするところ。このことが利用する人のほとんどの人が知っていて、
なんでだろうっと思っていたのですが、長期ボランティアさん2人が"図書館とは何をするところか"と必死に教えたみたいでした。当時の苦労話しを聞いていると、日本人には到底理解できない出来事が起こっていたみたいです。
14101148_277718166_219small.jpg
図書館を利用してくれる方からの要望に、"新聞紙を読みたい"というものがありました。
この町に住む人に取って貴重な情報源の新聞。新聞紙の値段は彼らの一日の給料の半分ほど。なるべく要望には答えたいものの寄付で図書館で賄われているため、毎日というのはできませんでした。今思い返すと、この要望を実現する仕組みを作りをもっと考えておけばよかったと思いました。

僕がボランティアさせていただいてる際、チャーリーという地元のボランティアさんが頻度高く
図書館に来てくれ手伝ってくれてました。初めてチャーリーと会った際、両手で握手された事がとても印象に残っており、二回目からは片手だけで、心から歓迎してくれたんだなっと嬉しくなりました。
チャーリーには子どもの対応などでわかないことがあったり、僕が迷ってるときにはときは自ら手伝ってくれ、とても助かったのと同時に、こういうボランティア精神のある人もいるんだ。っと自分の偏見を反省しました。
[ 2010/07/23 22:31 ] ウガンダ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ぷらと。

Author:ぷらと。
自分のことが好きで幸せの
1985年生まれの23歳ぷらと。

思い立ったら即行動、そして失敗の繰り返しです。いつか成功することを信じて自分の道を進んでいきます!


名前の由来は、ぷらっとどこかへ行くから"ぷらと"です。


詳細プロフィールを表示!

メールフォーム
このblogに関する ご意見は、こちらよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

直通のメールboxに転送されます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。