ぷらとはどこにいる?

小さい頃からの夢を"諦めた"ぷらと。この広い世界をたくさん知るために旅に出た。ぷらとが見る世界をお届けします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドバイで夢のマイホーム購入♪ 

今日の夜フライトのなので、一気に日記アップしてますm(_)m


ついにやりました。

ドバイでマイホーム購入しました。
48233500_1046173211.jpg
移動が可能っていう移動式HOUSEでセールスマンの売り込みに負けて買っちゃいました。
値段も900円くらいで、1kgくらいなので、持ちは込みラクラクです♪
これも世界一なのかな~。


MADE IN CHINAって書いてるけど気にしない~。
あ~~いい買い物した♪


っていうのは冗談でして、今から。。。

南アフリカ

に行きます!!!!

冗談ではなくほんとに行ってきます♪


では!!
スポンサーサイト
[ 2010/04/27 23:47 ] UAE | TB(0) | CM(0)

ドバイでヒッチハイクするとこうなります。 

ドバイ3日目

インドから共にしてた手師士、典子さん(http://www.norinpop.com/)を見送ったあと、新たなるホテルを目指して移動しました。

さすがに一人で7000円近くも出せないことからユースホステルに移動しました。

事前にユースホステルの場所をネットで憶えてたのですが、意外に遠くこれ以上歩くと、オアシスが見えてきそうなので、タクシーを乗ることにしました。

と言っても、タクシーなんて乗るはずなく、地図を見ながら迷ってることをドライバーにアピールし
て乗っけてもらう戦法です。
高級車なんかが止まってくれたらそりゃ当たりです。

そんなことをしながら歩いてると、クラクションを鳴らして前に停まった一台の車。
高級車ではなく普通のRV車でしたがありがたいことです。

場所を言うと、乗れ!っていう仕草をしてくるので、「フリー?」っと聞き直して、そうだっていうことで乗りました。

この時、いや~~~な空気が流れてたんです。

運転手はどこの国籍かわからないけど、イスラムの人。
運転しながら熱い視線でこっちを見てくるんです。
48233500_1731387113.jpg
そんなこと気にしないと、カメラで外の風景を撮ったりしてたんですが、
あの変な空気がさらに増してきまして…

とうとうドライバーから、「you are sweet..」って言われてしまったんですよ。
次に国籍を聞かれ、「中国人?」って言ってくるもんだから、「日本人」っていうと、「good.so sweet...」って、もう完全密室で助手席の隅の隅しか寄ることできなかったです(笑)

ビックかスモールどっちが好き?君はどっち?
触ってくれ、甘そう、見して、おいしそう。

I love you....I love you....I love you....I love you...

なんか歌詞ができそうです。

終いには、僕の顔に手が伸びて触られ、腕までギュッって掴まれ....

あ~~~ヒゲを伸ばしておけばよかったと後悔したりしました。

ユースホステルにはちゃんと連れてってくれて、荷物を持って飛び降りると10ドル!10ドル!と言われ、お触り料!って言って建物の中に逃げ込みました。


反省点。
客引きには冷たい顔で対応できるようになったんだけど、
こういう人達には慣れてないため、日本人特有の顔をニヤニヤさせて返してしまった。
これが相手の唾液を増やすのだろう。


ちなみにドバイの正規タクシーは、インド人やパキスタン人などの他国のドライバーが多いので、不正しないようにタクシーには、GPSが装着されており、遠回りとかできなくなっています。
48233500_3062747364.jpg
48233500_4289016350.jpg
ドバイにも雪は降ります。
[ 2010/04/27 22:45 ] UAE | TB(0) | CM(0)

世界一を求めて市内散歩 

2日目
移動し始めたのは昼の1時くらい。
あまりにも居心地よく、のんびりしてました。
だって今までの安宿は、蚊・ダニ・南京虫の格闘、ファンの音、暑さ、車のクラクションのうるささ等から熟睡できないことが度々だったんだけど、それらを気にすることなく熟睡できるんだから最高。。。
ここにきて、高級な(?)ホテルのありがたみがわかった(笑)
UA1
ドバイには各メーカの販売店が一角に集中している場所が数か所にあります。各メーカーっといっても世界の全ての自動車メーカーといっていいほどの規模です。

高級車、近代的な建物、街中は英語が共通語、見るのも見るものが新鮮で、町中を散歩してると、こういうところで働いてみたい感がじわじわ湧き始めました。


ゴールドスーク(金属市場)や、ドバイ博物館、昔ながらの渡し船にのったりしてパスタキヤ地区にいきました。
このパスタキヤ地区というのは、昔のままの建物を保存してるところで云わば、遺産地区です。
UA2
アラジンの世界ですね。

ここを歩いてるとほんとアジアの旅は終わり中東の旅が始まったことを実感しました。
こういう町並みは憧れてて、なんか心落ち着いた。

歩いてるとラクダと遭遇。初のラクダ。
UA3
UA4
大人しくてとてもかわいいのです。

触ってもいいとのことで、かわいいラクダさんに触りかけたんですが、
UA6
僕が触ろうとしたら機嫌が悪くなってしまい、プイッっとそっぽ向かれてしまいました;;
UA5
終いには、怒ってしまいました(;一_一)

気を取り直して世界一が集まるエリアに移動。
UA7
<ロレックスのビル。2つ共です。>

世界一高いビル・世界一高い噴水・世界一広いショッピングモールの世界一つくしのエリア。

それぞれ説明していくと、
・ブルジュ・ドバイ
48233500_1849263049s.jpg
掴んでみる

地上162階建、高さ818mを誇り、現段階では人類史上もっとも高い建造物。中はホテル、高級マンション、オフィスによって構成されてます。
「高さ」の記録だけで、9つの世界一を奪い取ったらしい。。。
ちなみに東京タワーは330mくらい?(←適当w)
数キロ離れたところから小さく見えてたので「小っさwww」って、バカにしてたんですが、実際目の前にすると「ぉお~」っといった感じです。

・ドバイ・ファウンテン
48233500_2474207712.jpg
8万3000リットルの水を常時吹き出し、50色を超える6600以上のライトが設置されてて、1000パターンのパフォーマンスを行うことができる噴水。
噴水の高さは世界一で最高150メートルにまで達し、その高さは50階建てのビルを超えるほど。
周りのビルが高すぎるため、その高さは実感できなかった;
んでもって宇宙からでも見える噴水だとか。。。

・ドバイ・モール
世界最大のショッピングモール。1200のショップのほか、世界最大の水族館や、アイススケート場、22のスクリーンからなる映画館などがあります。フィリピンでも世界で3番?4番目?に広いショッピングモールにいったけど、同じように広く、歩くだけで疲れました。。。
ちなみにフィリピンのショッピングモールは、wifiが全エリアフリーで使えてたんですが、ここは全て有料です。
48233500_4237592671s.jpg
ちなみにドバイは、免税の都市のため、ブランド物が安く買えます。
500mlのコーラーが50円だったりします。最近コーラー中毒になってると思う今日この頃。
48233500_4102420562.jpg
BMWのパトカー

明日は、別のホテルに求めて移動です。
[ 2010/04/27 22:24 ] UAE | TB(0) | CM(0)

ドバ~イな一日目 

アラブ首長国連邦のお話です。

インドから三時間半のフライトで降り立ったのはドバイ。
気持ちのせいからか飛行機を出た瞬間から空気がおいしく感じ、久しぶりに先進国にきたことを実感。
UAE1
アジアでは動く歩道があっても停まってることが多かったのですが、ここではスムーズに動いてました。
速度も速めで歩くと加速してるみたい♪


飛行機の中ではたくさんの人が乗ってたのに、他の飛行機に乗り換えをする人が大半で、
僕みたいに、滞在する人はごく僅かでした。
その証拠に流れる荷物は、数個しか流れてこない寂しい状況。
UAE2
空港からバスでドバイ市内まで移動。バスから見るドバイは一昨年行った中国の大連を思い出させる感じでした。。あの大連の建設ラッシュもすごかったけど、ドバイは近代的なビルが立ち並ぶのでわくわくするものがありました。
ビルを建てるためのクレーン。これ世界の1/3がドバイにあるみたい。
UAE11
wifi使えるカフェで朝ごはん。750円
このお店のスタッフは、エジプト人・フィリピン人・エチオピア人・インド人...etcが働いてました。
もちろんスタッフ間の言葉は英語。
UAE4
去年末に一部が開通したメトロ。
UAE5
UAE6
駅は独特の形をしてるので、わかりやすくかっこいいです。
駅内も近代的なデザインで、感動するほど。
「海を想定した駅」
UAE7
このメトロ、世界で一番長い無人鉄道で三菱重工など何社かの日系企業が中心に構策されてるみたいです。
乗った感じ全然スムーズで人が運転するより滑らか。(あたり前か。)

ちなみにちなみにこのメトロでは、契約すると電車の中でwifiが使えます。っていうことは??走行中にネットが出来たりします。線路横を通る道路でもwifiを使えるらしく、車を走行中に後部座席でPCを使うこともできるみたいです。
UAE8
値段も100円前後なので、価値を考えるとシンガポールよりず~と安いです。
なにより、東南アジアでは座席はプラスチックなものだったのでお尻が痛くなったけど、ドバイは日本と同じくクッションが採用されていました。

電車の中は宗教的なことから女性専用車両も設けられています。
初め間違ってのってしまい、追い出されました;
そして始発の駅から最終駅まで数十分なのですが、ゴールドシートという豪華席まで用意されてます。
もちろん僕はゴールドシート。庶民的シート...

んで、目的の駅を降り、ホテル探し。
1~2時間ほどホテルを選び、最終的に決めたホテルを相方が値切りまくってくれて本来400Rh(10000円)するホテルを、275RH(6875円)まで下げてもらいました♪

んで、おそらくこの旅ではこれ以上泊らないであろうホテルの客室。

じゃーん
UAE12
uAE3
UAE9
水も活きよいよくでて、バスタブ付き。(いつもこんなところで泊ってます。)
疲れが溜まってたのか、バスタブの中で1時間くらい寝てしまいました(笑)


そんな感じの初日です。
UAE10
翌日は市内を散歩です~(^^)v
[ 2010/04/27 19:11 ] UAE | TB(0) | CM(0)

インド脱出 

インドなんて二度と来るもんか!そんな言葉が似合う国でした....



本来ならインドを、あと3都市一週間滞在だったけど、移動時間を考えると億劫になったので、インド脱出するため航空券を買いました。

とにかくインドの電車は遅れる。定時刻に出発しても最終の駅では2時間遅れは当たり前。中国の電車のがぜんぜんがんばってる感じだし、車内はとてもきれいに思えてしまう。

他の国で自分なりにその国の問題点を見ていくようにして解決策を自分なりに考えてたけど、インドは今まで僕がしてきたことをあざ笑うかのように問題点を叩きつけてきました。
初めて乗った電車は、とくに印象的で、線路の上にはゴミが散乱して、なんでこんなにゴミがあるのかと思ったけど、答えは簡単でインド人がポイポイごみを外に投げてたんです。
インドネシア人も同じことだったけど、人口が5倍なのでゴミの量も5倍。臭いは10倍。もうありえない光景でした。


今回のインドの旅はインド人の金持ち地区の潜入をしたかったのですが、事前に調べてたメモ帳を紛失してしまい、場所がわからなくなったためできませんでした。。。


インドには約一カ月の滞在。
インド入国3日目で本気で出国を考えたからよくがんばったほうだと思う。
最後までインドが好きになれなかったけど、最後のどたん場でまたインドに行きたいかも?っていうものができました。

それが、インド映画!
普段、日本では映画館に一年に一回行くか行かないかっていうくらい、映画に無縁なのですが、2日前にインド映画を観に行ってからとても大好きになりました。

っていうのも、先入観はインド映画って日本の昭和的な映画のイメージだったけど、全然そんなことはなく現代のインドの生活が描かれててなかなか勉強にもなります。
生活といっても観た映画の中はお金持ちの生活ばかりだったけどね。

そんな映画も一つの映画につき一回は出演者が音楽と一緒に踊るミュージカルシーンがあり、これが意外とノリノリで同じく乗せられます♪(ホラー映画でもありましたw)
そして、突っ込みどころも満載なので、友達と行くことをおすすめします♪
インド人の俳優はイケメン多いですよ!!インド人ってことを忘れさせます!
インド映画はハリウッドを文字ってボリウッドっていわれてます。

言葉はもちろんヒンドゥー語なのですが、時々英語を使って話してるときもあるので、多少わかるのとストーリーが単純なので、なんとなくわかります。僕は自分なりに略して観てたのですが意外に当たってたのでそれはそれで楽しかった。

そして一番驚いたのが一時間毎に一回休憩があること。「intermission(休憩時間)」と文字が出て5分くらいの休憩になるんです!
最初、「what's happen??(何が起きた?)」だったのですが、インド人には2時間も集中できないのか、それとも本来は休憩あったほうがいいのかと迷いました。


映画館は映画大国とあって日本の映画館とかわらないくらい設備はよいのですが、入場前には厳重なチェックがあり、カバン・カメラ等は一切持ち込み禁止で、預け場所もないのでやっかいだったりしました。携帯が持ち込み可能という理由がわからなかったな。
値段は映画館と、座席の位置によって変わるのですが、僕が観た映画館での一番安い座席で100~300円でした。


話によると、インド映画って年間800本、新しくでてるみたい!!


よし、もうインドは思い残すことはないぞ!!

あと関係ないけど、インド女一人旅は危ないです。
特に日本人女性は危ない。周りが一人旅行ってても、羨ましがらずに一人では行かないで!!インド人は平気でセクハラしてきます!!


明日は金持ちの国ドバイ♪
世界一高いアルマーニホテルや、マンガ喫茶ならぬマンガ寿司、世界一の面積を誇るショッピングモール楽しみの4日間になりそう!!なにより、おいしい空気が吸いたいーーー!!!
[ 2010/04/24 17:07 ] インド | TB(0) | CM(0)

インド脱出 

インドなんて二度と来るもんか!そんな言葉が似合う国でした....



本来ならインドを、あと3都市一週間滞在だったけど、移動時間を考えると億劫になったので、インド脱出するため航空券を買いました。

とにかくインドの電車は遅れる。定時刻に出発しても最終の駅では2時間遅れは当たり前。中国の電車のがぜんぜんがんばってる感じだし、車内はとてもきれいに思えてしまう。

他の国で自分なりにその国の問題点を見ていくようにして解決策を自分なりに考えてたけど、インドは今まで僕がしてきたことをあざ笑うかのように問題点を叩きつけてきました。
初めて乗った電車は、とくに印象的で、線路の上にはゴミが散乱して、なんでこんなにゴミがあるのかと思ったけど、答えは簡単でインド人がポイポイごみを外に投げてたんです。
インドネシア人も同じことだったけど、人口が5倍なのでゴミの量も5倍。臭いは10倍。もうありえない光景でした。


今回のインドの旅はインド人の金持ち地区の潜入をしたかったのですが、事前に調べてたメモ帳を紛失してしまい、場所がわからなくなったためできませんでした。。。


インドには約一カ月の滞在。
インド入国3日目で本気で出国を考えたからよくがんばったほうだと思う。
最後までインドが好きになれなかったけど、最後のどたん場でまたインドに行きたいかも?っていうものができました。

それが、インド映画!
普段、日本では映画館に一年に一回行くか行かないかっていうくらい、映画に無縁なのですが、2日前にインド映画を観に行ってからとても大好きになりました。

っていうのも、先入観はインド映画って日本の昭和的な映画のイメージだったけど、全然そんなことはなく現代のインドの生活が描かれててなかなか勉強にもなります。
生活といっても観た映画の中はお金持ちの生活ばかりだったけどね。

そんな映画も一つの映画につき一回は出演者が音楽と一緒に踊るミュージカルシーンがあり、これが意外とノリノリで同じく乗せられます♪(ホラー映画でもありましたw)
そして、突っ込みどころも満載なので、友達と行くことをおすすめします♪
インド人の俳優はイケメン多いですよ!!インド人ってことを忘れさせます!
インド映画はハリウッドを文字ってボリウッドっていわれてます。

言葉はもちろんヒンドゥー語なのですが、時々英語を使って話してるときもあるので、多少わかるのとストーリーが単純なので、なんとなくわかります。僕は自分なりに略して観てたのですが意外に当たってたのでそれはそれで楽しかった。

そして一番驚いたのが一時間毎に一回休憩があること。「intermission(休憩時間)」と文字が出て5分くらいの休憩になるんです!
最初、「what's happen??(何が起きた?)」だったのですが、インド人には2時間も集中できないのか、それとも本来は休憩あったほうがいいのかと迷いました。


映画館は映画大国とあって日本の映画館とかわらないくらい設備はよいのですが、入場前には厳重なチェックがあり、カバン・カメラ等は一切持ち込み禁止で、預け場所もないのでやっかいだったりしました。携帯が持ち込み可能という理由がわからなかったな。
値段は映画館と、座席の位置によって変わるのですが、僕が観た映画館での一番安い座席で100~300円でした。


話によると、インド映画って年間800本、新しくでてるみたい!!


よし、もうインドは思い残すことはないぞ!!

あと関係ないけど、インド女一人旅は危ないです。
特に日本人女性は危ない。周りが一人旅行ってても、羨ましがらずに一人では行かないで!!インド人は平気でセクハラしてきます!!


明日は金持ちの国ドバイ♪
世界一高いアルマーニホテルや、マンガ喫茶ならぬマンガ寿司、世界一の面積を誇るショッピングモール楽しみの4日間になりそう!!なにより、おいしい空気が吸いたいーーー!!!
[ 2010/04/24 11:09 ] インド | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ぷらと。

Author:ぷらと。
自分のことが好きで幸せの
1985年生まれの23歳ぷらと。

思い立ったら即行動、そして失敗の繰り返しです。いつか成功することを信じて自分の道を進んでいきます!


名前の由来は、ぷらっとどこかへ行くから"ぷらと"です。


詳細プロフィールを表示!

メールフォーム
このblogに関する ご意見は、こちらよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

直通のメールboxに転送されます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。