ぷらとはどこにいる?

小さい頃からの夢を"諦めた"ぷらと。この広い世界をたくさん知るために旅に出た。ぷらとが見る世界をお届けします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【更新】RQテスト…答え 

今読んでる雑誌におもしろい記事があったので紹介~♪

IQは高いのに、思考力や判断力に問題がある人がいるという記事。
記事が伝えるのは、「知能」と「合理的思考能力」は違うというもの。 IQは「知能」しか測っていないということ。 「合理的思考能力」を測るために考えられているのが、RQ(合理性指数)テスト。 マネジャーやリーダーを選ぶ際に、将来RQテストが使われるかもしれないということだけれど、RQテストは、訓練を受ければ誰でも比較的簡単に点数を上げれる──つまり、誰でも訓練次第で合理的思考能力を身につけられる。

合理的思考を身につけることにより、人生においてネガティブな出来事に遭遇する回数が低く、その傾向はIQとは無関係だったという調査だった。「知能」よりも「合理性に考える力」のほうが人生において、ポジティブな経験をもたらしている。

思考力テストの内容は…

Q1. バットとボールの値段は合わせて110円。バットの値段はボールよりも100円高い。ボールの値段はいくら?

Q2. 5台の機械で5個の製品を作るのに5分かかる。では、100台の機械で100個の製品を作るには何分かかる?

Q3. あるハス池では毎日、ハスの葉の面積が前日の2倍になる。ハスの葉が池全体を覆うのに48日間かかるとすると、池の半分を覆うのには何日かかる?
**********************
**Q2しかわからなかった!! **
**********************

同様の思考力テストを全米の大学生3400人に出題をしたところ、全問正解の学生はわずか17%、全問不正解の学生は全体の3分の1に達したみたいです。

「愚かな判断をしないための6ヶ条」も掲載されて
・雑念を取り除く
・言葉にとらわれない
・感情に左右されない
・事実を根拠に考える
・長期的な影響について注意深く考える
・誰にでも思いつく解決法以外の解決法を考えてみる

この記事を読んでて思ったことは、「道筋を立てて考え、自分の判断に正否を確かめ、自分の直感が正しいか否かを検証していく…」これってヨーロッパ・アメリカの教育じゃないのって思ったけど、全米でこの結果なのなら、ヨーロッパとまた違った教育をアメリカはしてるのかな?って思った。
もしかして、根本的にこのRQテストとは、それらの教育とは違ったものなのかな?
スポンサーサイト
[ 2010/02/13 17:05 ] ?? | TB(0) | CM(0)

ジンベイさんと泳ぎました 

ジンベイザメと泳げる海域がフィリピンにあるということを知り、予定変更してドンソルという町に行ってきました。

この海域は栄養豊かなプランクトンがたくさんあるということでジンベイさんがこの海に帰ってきてるみたい!!
ラッキーなことに2月から5月がジンベイが見れるベストシーズンらしい!!!!

マニラからバスで走ること12時間。さらに乗り換えを2回して着いた時には朝10時。
情報では7時半~9時がたくさん見れるらしく半ば諦めてたけど、スタッフがまだまだ今日は見れるということで、参加させてもらいました。

ツイてることは続き、本来はボートを一隻チャーターしないといけないらしく1人だと8000円ほどかかってしまうんですが、これから行こうとしてる4人組みと一緒にシェアさせていただくことになって、1600円で行けることになりました。
船
このグループはアメリカに住んでるフィリピン人たちで、30年くらい前に移住したみたい。
今はワシントンD.Cで住んでて日系企業で働いてるんだって。
アメリカに移住したというフィリピン人とは4日前にも会い、どっちも言ってたけど今アメリカに移住するのは当時に比べかなり難しいらしい。


そんなこんなでビデオ講習を終えて、船は出発し5分くらい経った頃、突然ガイドが

「いたぞ!いたぞ!」との声が響き、「準備、準備!急げ!」とシュノーケリングとフィンを付けスタンバイ。

「飛び込め!」の合図で一斉に飛び込み、

潜った所が良かったのか悪かったのか目の前にはでっかい巨体。
よく見るとジンベイさんの顔が真正面にあり、どんどん近付いてくるので焦ったww
プランクトンと一緒に吸い込まれるかと思ったけど、俺がまずすぎるのか軽くスルーww

目の前を通りすぎるジンベイはさらに迫力的なのに水中カメラ持ってないことが残念。
だから絵心満載のイラストで…↓
絵
「発見」

1人がパニくり、ガイドに冷静になるように言われ落ち着きを戻したら今度はハシャギまくってました。

サメって水面から深いところを泳ぐのかと思ってたけど、水面に近いところを泳ぎ、しかもゆっくりと泳ぐためフィンを付けてたら一緒に泳ぐことができます♪だから船の上にいてもジンベイさんの泳ぐ黒い影がはっきり見えます♪♪

ジンベイの周りには小さいサメ(っといっても単独で見れば大きい)が一緒に泳いでました。
見たジンベイの体長は10m前後で大きい方に分類されるんだって。

数分一緒に泳いだら船に戻り休憩し見つけたら潜る。を繰り返し2時間で5匹もジンベイを見ることができました♪

ダイビングでもめったに見れないサメなのに人間贅沢なもので、何匹も見てると飽きるらしく最後の方はみんなどうでもよくなっていました。

こんどは大阪の海遊館で大人しく観察しときますw
ボート
ジンベイさんを探すガイド。
[ 2010/02/09 17:00 ] フィリピン2 | TB(0) | CM(0)

がんばっています。 

ヤクルト
今日も世界へ届けています。
トラック
今日も走ってます。
トラック2
今日も遠回りしています。

御苦労様です。
[ 2010/02/03 16:57 ] フィリピン2 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ぷらと。

Author:ぷらと。
自分のことが好きで幸せの
1985年生まれの23歳ぷらと。

思い立ったら即行動、そして失敗の繰り返しです。いつか成功することを信じて自分の道を進んでいきます!


名前の由来は、ぷらっとどこかへ行くから"ぷらと"です。


詳細プロフィールを表示!

メールフォーム
このblogに関する ご意見は、こちらよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

直通のメールboxに転送されます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。