ぷらとはどこにいる?

小さい頃からの夢を"諦めた"ぷらと。この広い世界をたくさん知るために旅に出た。ぷらとが見る世界をお届けします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

NGO体験記 8 最終回 

長々、体験記読むの疲れると思うのでこれで最後です。

ウエルカムパーティ、送別会を、家のボス"ジェームス"の友人の女性宅でしてくれました。

たくさん出される手料理。チキンや、肉、野菜、ご飯にチャパティと…結婚式などしかでてこない、ここの人からしたら高級食品です。僕と面識のない彼女の立場からしたら、きっと迷惑そのものだったでしょう。

以前も書きましたが、ウガンダは男性優位の国。食事は、スプーンやフォークを使わず手だけを使うので食事前は手を洗うのですが、女性が容器に入った水を持ってきて僕の前で両膝を地面に付け、丁寧に水を注いでくれます。日本だと絶対ありえない光景。
女性同士の場合は片足だけ地面につけてることが多かったです。


その光景を見た時、キトゥグム生活2週目のことを思い出しました。
お昼ごはんを図書館の前で椅子に座りながら食べている時、11歳の女の子が僕が座ってる前で地面に膝をつき質問してきました。「明日は何時から始まるのですか?」翌日に開催される特別授業の質問だったのですが衝撃でした。

「僕は外国人だから、膝を地面に付けずに立って話してください。」っと言うも「?」って感じの表情でとても印象深かったです。聞く話によると子どもの場合、相手が男、女であっても、目上の人(例えば教師)でもそのようにしつけられることがあるみたいです。


このように2週間経ってやっと見えてくる文化や習慣があります。
援助をする側も、こういう習慣を知らずに無知の援助をしてしまうと、返ってトラブルの元だったり・間違った援助だったりします。

男性主義を壊す壊さないかは彼らなりに気づかないといけないけど、ウガンダの女性はそれに気づいてます。ホームステイしていたママは「女は強いのよ」っと。女性は男性に発言する権利がないため言えないでいます。

手を洗うということで思い出しましたが、ウガンダに限らず僕の行ったアフリカの国々の場所は思ってるほど不衛生ではありません。むしろ僕より衛生的な考えかもしれません(汗)
っというのも、食事の前は手を洗うし、洗濯はするし、アイロン掛けまでします。露店などでパンを売ってたり野菜なども売ってますが、基本的にみんなビニールを使い直接手に物が当たらないようにしてくれます。アイロン掛けは、それなりに所得のある人ですがしているので、ピシっとした格好に見えるし私服姿や、スーツ姿はかっこいいのです。
車でドライブ行く時は、汚れてたら時間がなくても、さらにはオンボロ車でもガソスタなどで洗車するくらいです。


話は戻り、このたくさん出された料理。あとあとの苦痛の始まりでした。
初めは、ジュースや水をコップに注がれ、食事も久しぶりの色んな具材からなるもので、うまいうまいっとみんな言いながら食べてたのですが、初めに飛ばし過ぎたせいか、水の飲み過ぎなのか料理がまだまだ残っているのに料理を取る手がみんな止まってしまいました。

"ジェームス"も僕たちが手が止まったことに気づき、「こういうパーティ事では、全部食べないと失礼になる。」と注意され、余ってる量を見て少しづつ手を伸ばすもやっぱりみんなギブアップ。
「料理はほんとおいしい。けど、食べ過ぎて吐く限界まで達してる。」そう彼女につぶやくと、わかってくれて、料理は片づけられました。みんなホッとしたのは束の間、次はなんと瓶ビール一本が配られます。
日本人からしたら初めにビールで乾杯なのですが、ウガンダの場合、こういうパーティでは食事のあとに配られるらしい。みんな愕然としつつも開き直り、30分かけて全て飲み終えました。人間がんばればなんでもできるものです。

さて、このパーティは、普通の家の中でしてくれたのですが、キトゥグム生活してるときに、色んな家の中におじゃまさせてもらい気づいたことがあります。

外観や内装といい、うす暗くボロいのですが、おしゃれに見せるためなのか、椅子やテーブルなどに白いレースを上に被せます。日本でいう野外パーティに使うよなプラスチック製の椅子にまで模様を模ったレースを引いてるので、初め見たときは違和感がありました。


大まかな体験記は以上です♪

代表の話しや、ボラさんの話をお聞きしてウガンダという国の悲惨さ、国を変えることができない国システムという架空の世界のような話が今もあるのだと。

日本の国システムって普通と思っていたけど、かなり進んでるんだなっとお話をお伺いして生で町を歩いてみて実感しました。僕はまだ25歳ですが、それでも地域の人に対して少しながらも貢献できるのだから、町を歩いてる時にしばしば変な錯覚に捉われていました。


参加した雰囲気を味わってもらえたでしょうか…?
体験記としてNGOに送ったものをアレンジして日記書きました。

長々読んでいただきありがとうございました♪
14101148_387693966_254large.jpg
スポンサーサイト
[ 2010/08/01 23:21 ] ウガンダ | TB(0) | CM(0)

NGO体験記 7 休日 

14101148_387728330_91large.jpg
図書館の休みの日や、仕事終わりには、特別授業を開催したり難民キャンプ、Deef学校、町を散歩、郊外散策などに行きました。

その中で、特別授業と難民キャンプについてのことを書きます。

難民キャンプは町から少しバイクを走らすと、そこは一面が緑。町にはいない人達の生活姿を一部ですが見ることができたと思います。

難民キャンプでは、他の家と変わらない集落だったのですが、働いてる人がほとんどいない。っていうより田舎すぎるため働き口がない。主な収入源になるだろう野菜マーケットなのですが、あまり人が通らない道の横に並べられてるだけで、一日の収入もほとんどない感じでした。
14101148_387728354_98large.jpg
「おなかがボコっと膨れた栄養失調と思われる子ども」「おへそがボコっと飛び抜けて第二のおちんちんか?っと思ってしまう子ども」「子どもは素足で、服はぼろぼろ」問題を目の前にして、解決できるようなイメージが湧かなかったのが情けなかったです。

そんな風景を見ていて、もしかしたら援助ではなく、このままの状態のほうが良いのではないか?時代がたとえ遅れていたとしても間違えた援助をするより今のままのほうがよいのではないか?などと、頭をよぎりました。自給自足で成り立ってる感じでした。


特別授業では、図書館の看板を作るべくアートクラスと題して開催しました。
何週かに分けて開催したのですが、僕は期間の関係で二週目まで参加しました。
この看板作りを主催したのが、日本で高校の先生をしていた小野さんです。東京でアフリカの個展など開いてるみたいです。

子ども達にペットボトルの蓋や、瓶の蓋など落ちてる色となるものを集めこさせてきて、それをお箸を使いながらベニヤ板にふっつけてもらい終わった子どもから絵を描いてもらい帰ってもらい帰ってもらう工程です。お箸の使い方を知ってもらうことも狙いです。
14101148_387728469_82small.jpg
14101148_387728474_125small.jpg
14101148_387728480_162small.jpg
二週目は、看板作りを含めながら子ども達に絵具を使ってキトゥグムの町を書いてもらいました。
14101148_387694622_170small.jpg
14101148_387694478_229large.jpg
ここの子ども達にとって絵具を使うのは初めてなのか、色と色を混ぜると違う色ができることを知らないため、「この色がない!」っと何度も呼ばれました。
この色と、この色を混ぜると違う色ができる。という考えは創造性を膨らますためにも必要なんじゃないかな?っと思いました。

子ども達の絵を使ってキトゥグムの町の紹介です♪
14101148_387693961_219large.jpg
14101148_387695191_1large.jpg
[ 2010/08/01 19:09 ] ウガンダ | TB(0) | CM(0)

NGO体験記 6 HIV・エイズ 

転写禁止

ほぼ毎日のようにエイズ・HIVの話しやアンケートをとっていました。(NGOの活動とは全く関係ありません)
アフリカに来なかったらまず、こんな話はしていないと思います。異性とならなおさらです。
ナミビアを抜けてからあまり気にしてなかったのですが、ここウガンダでは、エイズの発祥地と言われてくらい、エイズ問題が深刻みたいです。

コンドーム不足の問題もあるみたいですが、エイズ支援として世界基金から問題対策用に資金を寄付されるも資金紛失により、4億円が医療関係者らの給料に消えたという事件があったのは今年の話。

ウガンダでは一つの家庭で7人の子どもが平均です。学校に行くとあまりにも子どもの多さに驚くほどです。日本など先進国から見ると産みすぎと思われるかもしれませんが、動物本来のことと考えれば普通なのかもしれません。

アフリカでは幼児が亡くなるケースがとても多いと聞きます。腸チフスという菌に汚染された水や食べ物から感染する病名なのですが下痢で亡くなる高校生もいるくらいです。日本ではここ50年で激減して年100人前後にとどまっています。この腸チフスは抵抗物質により死亡するケースは少ないものの、アフリカでは病院に行くお金・薬を買うお金がないため死亡するケースが上記のことみたいです。


日本ではエイズ・HIVはあまり騒がれていませんが、統計からするとここ数年で鰻登りに上がっており、先進国で唯一増加する国となっています。
14101148_387753370_30large.jpg

在外国人感染数も含む
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/2250.html

グラフ

これは検査を受けた人だけであって、強制検査なんてなった日には、世界的ニュースになるのではないかと個人的に思っています。

キトゥグムの町では、HIV検査を受けれるみたいで、外国人でもHIVに関して問題視してるということを彼らに知ってもらうために行きました。HIV検査は無料で受けれます。
検査というと注射で血液を取り、数日後結果がわかると思っていたのですが、実際は人差し指の先にカミソリみたいな刃でキズ口をつけ、血液を取るという感じで、結果も15~20分ほどでわかりました。あとあとわかったのですが、一回のHIV検査で使う器具のことを簡単キットというみたいです。

結果はポジティブかネガティブのみ。日本人にとって(僕だけかも?)ネガティブと聞くと、悪い結果と思いがちですが反対で、ネガティブが異常なしです。HIV感染は性行為後すぐにわかるのではなくて、2ヶ月~3ヶ月と言われています。だから誰からもらったのかわからない人も多いのです。


僕が病院に行った時は、女性がほとんどで男性は、鎖で繋がれた受刑者のみでした。
検査に来る男性は女性と比べると極端に少ない。10:1くらい。HIV患者用の講習会にも男性の参加はいないに等しい。
来ない理由は、自分は大丈夫。という理由だけではなく、もし自分が感染していたことが分かると、周りからの目。彼女できない。ヤれない。結婚できない。これらが参加しない理由だと思っています。

これらの背景を詳しくいうと、男にとって結婚できないことは、子どもを手に入れられないことに繋がります。彼らの土地を子どもに守ってもうことができなくなると、自分の領土を誰かに奪われる恐れもあります。日本みたいに不動産やある機関が土地を管理しているわけではありません。ここは俺の土地。ここに線が引かれてないから俺のもの。単純な話そういうことみたいです。


HIV患者の場合エイズ発症を抑えるために朝夜8時に薬を飲まないといけないらしいです。
酒などのアルコール類は治るまで禁止のため我慢できない人はたくさんいそうだし、アフリカの人は田舎に行くほど時間という概念をあまり持っていないため、一定の時間に飲むことができなかったりします。

HIV・エイズ患者が減少した。という記事も時々見ることもありますが、あれは患者が一気に亡くなったから減少したのではないか?っという見方もあります。

コンドームでHIVの感染をある程度防げるということは、アフリカのだいたいの国の人は知っています。教育が行きとどいてないのは、アフリカの広大な大地に家が点々とある田舎部のほうで、コンドームを支給されてもゴミ袋として使われてるとか。ただし、そこには宗教的絡みからコンドーム使用反対があったり、貧しい売春婦を逆手にとって男性が強要したりします。

とある地域では、HIV感染率が80%というところもあります。(国全体ではありません)
そのような地域では男性のHIV・エイズ患者数が女性より上回っていることが多いです。
漁師といった職種から収入が少なく命に関わる危険な仕事をしているため、毎日の給料で、飯、酒、女に使うといいます。

彼らは言います。
「俺達に将来なんてない。明日死んでもおかしくないのだから、エイズになろうとどうでもいい」

勉強不足なところあればご指摘を!
[ 2010/07/25 23:09 ] ウガンダ | TB(0) | CM(0)

NGO体験記5 車探し 

14101148_376468774_227large.jpg
僕は、車に関したら詳しい。ってことで車を探してる時にタイミング良く僕がボランティアで参加することになったので、首都に移動して車探しの手伝いをしていました。

ウガンダで走ってる車の9割は日本車です。日本では地球にやさしい車などとCMで流れてますが、中古車として日本では使わなくなった車は、海外に輸出され日本で走ってた以上に海外でモクモク黒い公害を出しながら今日も地球のどこかで走っています。東京都などの大都市では排ガス規制で所有できなくなった車など海外に来ています。なぜ、海外で走る日本車は日本以上に地球を悪くしてるといいますと、途上国では車を直すにもお金がないので、適当なパーツ(俗にいう、ふっつけばなんでもいい)で直してしまうからです。

ってことで、現地点でいうと日本が地球にやさしい車を発売しても、恐らく地球はよくはなってなかったりするのです。その公害をまき散らしてるのに目が付くのが、"TOYOTA"と書かれた文字とエンブレムです。TOYOTAはこれを無視するのではなく公害を減らす装置を海外で配布しないといけないと思う。

車探しは、毎日朝から夕方まで一日10件を目標に車屋を何件も周りました。そんなに車屋があるの?っと思われるかもしれないですが、ある地域に行くとずらーっと車屋が立ち並ぶんです。
お目当ての車は、ランドクルーザーのプラトと、サンラックスサーフの95年~98年生産の物。走行距離18万キロだったり20万キロだったりと、日本だったら絶対敬遠したくなるような車を慎重に壊れないものを探さなくてはいけない。

友達からは、せっかく首都から10時間もかけてボランティアしに来てるんだから、責任問題になる車探しはしなくてもいいよ。とのことだったのですが、普段、旅してて車の流通経路なんて調べれないのですが、今回はNGOという名があるので、普段知れないようなことが知れておもしろいからよかったのです。
14101148_376468782_85large.jpg
日本語が読めることにこんなに感謝したことは、この車探しが初めてかもしれません笑
とにかく不正が多い。びっくりするほど多い。メーター戻しは当たり前。海外に輸出される前に盗難車やメーター巻き戻しなどを検査する機関が最近できたみたいだけど、それを悪用した不正。こういう不正を指摘すると売り手は謝って違う車を紹介されるが、また不正というオチもありました。

状態が良さそうな車があっても日本人ということで値段をふっかけられる。何件も車屋を走り回り、やっといい車を見つけた…と思ったのにだ。ほんとハラハラしい。

車探しは、マネージャーと、ウガンダ人整備士の三人で探し、最後に良い車をボスに見せるという段階を踏みながら探してました。ウガンダ整備士の目と僕の目では「車の状態が良い」という基準が全然違います。何回か口論になりました。

状態が「良い・悪い」という二極化に別れてしまい、ウガンダでボランティアされてる日本人の整備士と電話で話し合った時がありました。彼曰く、ウガンダに限らず、途上国では部品はツケばなんでもいい。という理由で、"多少状態が悪くても車が走れば大丈夫と判断する"っということだったのですが、修理する機材が揃っていないので、日本で15分くらいでできる修理作業が、ウガンダや他の国では1日や2日要すこともあるみたいでその時に、別の部品を悪くさせ再度修理することになるとのことでした。

結局、一週間後に購入したのですが、その車は日本から車屋に入荷したばかりの車で、状態は良いものの故障の原因となる場所が壊れる前兆を表してたので、値段と状態を比較して、おすすめしなかったのですが、我らのボスの勢いで買うことになりました。
14101148_376468770_58large.jpg
代表のポケットマネー。16.117,000ウガンダマネー
[ 2010/07/24 22:59 ] ウガンダ | TB(0) | CM(0)

NGO体験記 4 地酒 

14101148_290219097_48large (1)
図書業務より現地の人と話すこと優先。っと言われてたので、地酒を飲むべく集落へと遊びに行ったりしました。地酒は貧困層が作って生計を立ててるみたいで、どこにあるんだろうと貧しそうな地区に入り込んでいくと、遠くに12人くらいの男達が輪になって座ってたので、興味本位で行ってると、輪の中心に置かれたバケツに1.7m~2mくらいの長さのストロー状のものが、いくつも付き刺されて、陽気な男達が口に咥えていた。

「写真ないから絵を書こうとおもったけど、めんどくさいからやめた♪」

あまりにも長いストローに、一瞬、アラビアの国でよくある、水タバコかな?って思ったのですが、どうやらこれが地酒みたく、「輪の中に入っていい?」って聞くと"welcome"と男達に引き寄せられた。
これ飲みたいと指差すと、咥えてたストローを渡され飲んでみろと言われる。おっさんと間接キスかよ!と思いながら、ストローでバケツの表面を無意味にかき回し、”細長いストローで吸うんだから肺に入ってる空気を全て出し、力を入れて吸引しなくちゃいけないだろう”とイメージしながら、僕が期待する酒の味を考えていたのですが、一向にイメージしてるものが口の中に入って来ない。あれ~っと顔をしかめてたら、ワームワームと「温かい」と周りから言われ、脳みそが回転しまくり、口のなかに温かいものが含まれていることを確認した時には、結構なお酒が口の中に入っていた。

「あっ!!不味っ!」と思いながらもゴクっと飲んでみると、どこかで臭ったか、食べたことのある味で思いだせない。この何とも言えない味を無理やり例えるなら、”味噌を軽く焦がした味”
吐くほどまで不味くはない。ただし、地酒というわりには、アルコールがほのかにするだけ。たぶん1%以下。どこで臭ったか、どこで食べたことのある味だろうと、フルに脳みそを回転させながら何度も飲んだけど思い出すことができなかった。

結論:好んで飲みに行くものではない。

*追記:酒を飲んでいると、名前が書かれたノートを見せられた。この酒を飲んでる人の名前みたいだけど、意味がわかんないでいた。翌日聞いてみると、たぶんストローを回してるから、唾液がバケツに入ったりして病気になった場合、この酒が原因なら、このノートで飲んだ人を特定するんじゃないかということでした。インドだったら友達でも口を付けずに飲んでたなっと思いだした。


話は変わり、アフリカに入ってから、もしくは一眼レフに変えたせいでもあって、極端にアフリカの写真が少ない。ウガンダで活動してるときに撮った写真なんてほんと少ない。これには四つ理由があり、

一つ目は、カバンから取り出すのがめんどくさい。

二つ目は、写真ばかり撮ってると活動に専念できない。

三つ目は、カメラは基本的にどこの国でも嫌がられる(民族や、年配の方、女性)ので、相手に嫌る気持ちをもってほしくない。逆の立場だったらわかるはず。

四つ目は、僕の行ったアフリカの国のほとんどで、撮っていいところとだめなところがある。

今回はこの四つ目を書いてみようと思います。

アフリカはいろいろとめんどくさい。人ごみの中を撮ったりできない国があったり、黒人にカメラを向けにくかったり、バスターミナルを撮ったらだめだったり、かたや写真を撮ってくれっていう人もいたり。。。ほんとめんどくさい。
さらにはショッピングセンターの中を撮ってたら、警備員に「撮るのは違法だ、金寄こせ」って平然とした表情で言ってくるのだけど、ただの金ほしさで"違法だ"って言ってったりする。その見極めがめんどくさい。ほんとめんどくさい国々。
14101148_277718469_161large.jpg
[ 2010/07/24 22:56 ] ウガンダ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ぷらと。

Author:ぷらと。
自分のことが好きで幸せの
1985年生まれの23歳ぷらと。

思い立ったら即行動、そして失敗の繰り返しです。いつか成功することを信じて自分の道を進んでいきます!


名前の由来は、ぷらっとどこかへ行くから"ぷらと"です。


詳細プロフィールを表示!

メールフォーム
このblogに関する ご意見は、こちらよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

直通のメールboxに転送されます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。