ぷらとはどこにいる?

小さい頃からの夢を"諦めた"ぷらと。この広い世界をたくさん知るために旅に出た。ぷらとが見る世界をお届けします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

イメージと違うボルネオ島 

ジャカルタから船で40時間、世界で3番目に大きい島、ボルネオ島に到着。

船場で最初に見たのは、
タンカーで運ばれてるイスラムの服を着た女性だ。
綺麗な顔をした女性。事故を遭った形跡もなく
手と手が合わせられ目がずっと開いてた。亡くなってるのだろうか。
あの姿が頭の中に焼きついてしまった。

イメージしてたボルネオと違いポンティアナは都市だ。
元々生えてた木がどこにもない。
ポンティアナは空気が悪い。スモッグも見受けられる。
川も異臭がし、ゴミだらけ。
町中を走ってるバイクドライバーのほとんどの人がマスクをして運転している。
ファブリックマーケットでもほとんどの店がマスクを販売していた。

ポンティアナ

バスターミナルを探してるとバイクに乗った一人の肌白の男性に声をかけられた。
フィリピン・インドネシアと見てきて一番肌白だったかもしれない。
「バスターミナルはどこか探してる」というと親切にも連れてってくれた。

ポンティアに一泊しようかと思ったけど、空気がほんと悪いのと21時に
バスが出発するということで5時間だけ滞在して出発することに決めた。


町のデパートでは、肌白の人がほんとに多い。これが華人なんだろうか。
女性は綺麗に見えてしまう。
デパートを散策後、外に出るとびっくり、さっきまで店の光りで明るかったストリートの店が
すべて閉まっててゴーストタウンになってしまった。
歩くと犯罪に遭いそうな感じだったが大丈夫だった。
スポンサーサイト
[ 2009/08/10 23:58 ] インドネシア | TB(0) | CM(0)

バリ最終日 

ゲストハウスの管理人の仕事場に連れってもらった。
この人はバリの一番有名な芸能舞踊ティルタ・サリで働いてる人で奥さんが日本人。
来週には大型トラック3台でジャカルタまで移動し、
政府の前での舞踊を披露することになってるらしい。
一般の人はなかなか入れないところにも入れてってもらった。

近くではへんな物体を作ってる人たちがいてなにをやってるのかと
聞くと凧上げ大会が近いうちにあり、そのために作ってるのだという。
たしかに空にはたくさんの物体が飛んでたけど、田んぼの外敵から守るためだと思ってたけど、
まさかただ凧を上げてただけだったとは…。


その後、ガネーシャのキーホルダーを求め探すが見つからず。
そしてそのままウブドから空港まで50000(500円)のシャトルバスを使い空港に向かいました。

飛行機に乗ること1時間30分ジャカルタに到着。飛行機楽だなー
[ 2009/08/07 23:35 ] インドネシア | TB(0) | CM(0)

バリで富豪と会う。 

気づいたらインフォメーションでバイクをかりて一日で
周れるおすすめのツーリングコースを聞いてた。
その時からひとつのモヤモヤが頭の中に残ってた。
何をしにバリ島に来たのか。

そう本来のバリの目的はある人に会うこと。
その人とは不動産で成功した超金持ちの日本人なのだ。
この人のことを速読教室に習ってる時に聞いて絶対会うぞ!と
当初は意気込んでたのだ。
政治家でもなかなか会えないくらい忙しい人って聞いてたので、
会うのは無理だろうとという考えが頭の中でずっと遮り、
どうせ会えないんだからもういいや
と思ってた。初対面・約束なし。俺だったら会わない。

ただ、何もトライせずに諦めてどうするんだ?っと頭の中の誰かが呟き、
ツーリング出発直後にエンジンを切って部屋に戻りノートパソコンを持ち出し、
A氏へスカイプでアポを取った。
結果は奇跡的に会うことを許してもらえ、しかも今すぐでもokだということだった。

おれ ラッキーボーイ。

田園地帯を突き進むこと20分。予想してた建物と違ったけどこの中にあの方がいる!と
わくわく&ドキドキしながら入っていきました。
待合室に案内されて待つこと15分。
後ろから現れたA氏は話を聞いてた通りガネーシャそっくりの顔で驚き。

俺の本読んだか?と第一声がそれで、思いっきり慌てた。
本を出してたということを知らなかった。情報不足。
言い訳ごとくフィリピンで留学してて情報が入ってこなかったということを
告げると許してもらった。

少しお話しした後、今日の仕事場に移動し8時間ほどご一緒させてただきました。
っといっても、その本を読んでただけなのですが、ほんとタメになった。
自分がなんのために世界一周するのかを思い出してくれた。

「さわやか」が大切。

この日は、本の出版のミーティングだったんだけど、
現場にいた人とも仲良くなり、会社持ってる人やそのパートナー。
漫画家を目指してる人など
話を聞いてただるだけで俺なんて全然だめだー!と感じた。
とりあえず、特技というものがない。周りを魅了できる武器になるものがほしいと思った。
「優しさ」が武器になるのかわからない。
ビジネスという漠然の意味を知ってても内容はわかってない。
それでも俺がやろうとしてることに皆かなり興味を示してくれた。


今日は行動して本当に良かったと同時にツイてた!

ありがとうA氏。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
[ 2009/08/06 22:17 ] インドネシア | TB(0) | CM(2)

ルート決める 

今日は朝から快調。
ウブドも一週間経つし、そろそろ後にして違うところに行こうとルートを決めてた。
バリ島の東の島、コモド島に行きたい。
ここは体長3m 体重100kg級のオオトカゲがいる世界遺産の島で
人間も襲うらしい。これは行くしかないと!っと思ってたんだけど

一人で行くにはお金が物凄くかかるため諦めた。
島の中を歩ける範囲も決まってるため必ずしもオオトカゲが
見れるわけがないので費用のことを考えた結果やめました。
そのかわり近くの木屋の掘られたオオトカゲで、想像して行った感を作り出した。
コモドオオトカゲ


そして最終的に決めたのが、インドネシア、ブルネイ、
マレーシアの三ヵ国からなるカリマンタン島。
野生のいるオラウータンで有名なところだ。

ジャカルタから船がでているらしく、調べるとちょうど8月9日に一本船がでてて
これを逃すと今月の便がない。
40時間の船旅だ。値段は221.000ルピア(2.210円)


インフォメーションに行き、バリ島からジャカルタまでのバスチケットを頼んだら
バスは危険なのと時間がかかる。と言われた。俺は風景を楽しみたいのだ。
飛行機とバスの料金は1500円くらいしか変わらないと言われ
今度は安全をとるか風景を諦めるかになり今回は安全をとった。
8/7の夜出発。確かにジャカルタのバスターミナルはみんな口揃えて言う。
「危険」と。


そんなこんなでインフォメーションのニョーレンとインドネシア語と
英語と日本語の勉強をしながら一日が過ぎた。
彼女は英語がうまいそして明るい。年齢を聞くと19歳。
英語はどこで習ったのか聞くとここで働いてて覚えたらしい。
大学行ってるの?と聞くとお金がないからいけないとのことだった。

そんな彼女がフランス人やドイツ人の観光客と普通に
会話をしてるのを関心してしまった一日でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
[ 2009/08/05 01:23 ] インドネシア | TB(0) | CM(0)

スマラ・ラティ 

ゲストハウスを変えました。
もっと家庭的な家に移り変わりました。

薬を飲んでも昨日と変わらなかったので少し命の危機を感じた。。。
さっそく病院に行き、そのことを伝えると抵抗物質をもらいました。
血便の容器も渡し、3時間後にまた来るように言われたので
その間町の中を散策。

やはり日本人多い。そして欧米人もさらに多い。
どこから来たの?と、聞くとほとんどがフランス人だった。
店の看板は日本語で書かれた看板もよく見た。
店員も片言だけど日本話せる人が多く、旅行者にとったらあまり困ることないけど
外国に来たって感じがするのかなっと少し思った。

時間が過ぎ原因を聞きに行くと、foodかwaterらしい。
こころあたることが山ほどあっるので注意しよう。
病状はそれほど酷くなかったみたい。

夜にスマラ・ラティという舞踊を見に行きました。
これはジョグジャカルタで泊まってた時に知り合った日本人旅行者から
今まで見て来た芸能ダンスで一番よかったって言ってたので
750円の入場料払って見に行きました。

ガムラン(楽器)を使ってのリズミカルな演奏と踊りが心を引きつけ、
あっという間に1時間半の公演が終わってしまった。
目と体の動き、首の動かし方、そして手と手先ととりあえず
体全身の動きがとても不思議な動かし方をしていて圧巻された。
舞踊2

「また見たい!」と感じた一日でした。
それにしてもよかったな~~

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
[ 2009/08/04 23:20 ] インドネシア | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ぷらと。

Author:ぷらと。
自分のことが好きで幸せの
1985年生まれの23歳ぷらと。

思い立ったら即行動、そして失敗の繰り返しです。いつか成功することを信じて自分の道を進んでいきます!


名前の由来は、ぷらっとどこかへ行くから"ぷらと"です。


詳細プロフィールを表示!

メールフォーム
このblogに関する ご意見は、こちらよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

直通のメールboxに転送されます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。