ぷらとはどこにいる?

小さい頃からの夢を"諦めた"ぷらと。この広い世界をたくさん知るために旅に出た。ぷらとが見る世界をお届けします。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フィリピンで何ももっていかないとこうなるぞ!? 

フィリピンガイドブックもってません。高いから買わなかった…。
国際免許証忘れた!石鹸・シャンプー忘れた!防寒服忘れた!等いろいろあり荷物がやけに軽いかがわかった。。。(最初の出発時のバックパック15.7kg 再出発時10.3kg)

マニラ空港の国内線では、エンダナオ島の児童養護施設で働いてる日本人と会い、世界の孤児院やフリースクールの現状を教えてもらいました。ミンダナオ島=危険な島って各国から認識されてるみたいで、旅行者はほとんどこず、実際、一部の覗き安全で海の透明度がめちゃくちゃいいらしい。動画みせてもらったけど、ほんとクリアで綺麗だった。行きたかったけど、飛行機のフライトの理由で行けず!

フィリピンガイドブックもってません。高いから買わなかった…。
国際免許証忘れた!石鹸・シャンプー忘れた!防寒服忘れた!等いろいろあり荷物がやけに軽いかがわかった。。。(最初の出発時のバックパック15.7kg 再出発時10.3kg)

マニラ空港の国内線では、エンダナオ島の児童養護施設で働いてる日本人と会い、世界の孤児院やフリースクールの現状を教えてもらいました。ミンダナオ島=危険な島って各国から認識されてるみたいで、旅行者はほとんどこず、実際、一部の覗き安全で海の透明度がめちゃくちゃいいらしい。動画みせてもらったけど、ほんとクリアで綺麗だった。行きたかったけど、飛行機のフライトの理由で行けず!


フィリピン人と紛れながら空港で野宿したあとセブに向かいシュンさん侑史に半年ぶりに再開し、タクシーでフェリー乗り場(210ペソ=420円)まで行った。
侑史さんは戦争に詳しい人でガイドがいなくてもこの人の話でだいたいわかってしまう。
オルモックまではスーパーキャットっていうフィリピンでいう高級な船で片道650ペソ、所要2時間~2時間半。

オルモックに着きホテルに荷物を置き、トライシクルをハイヤーして運ちゃんに知ってるところを走ってもらいました。
スポンサーサイト
[ 2015/05/27 21:29 ] フィリピン | TB(0) | CM(0)

ジンベイさんと泳ぎました。 

ジンベイザメと泳げる海域がフィリピンにあるということを知り、予定変更してドンソルという町に行ってきました。

この海域は栄養豊かなプランクトンがたくさんあるということでジンベイさんがこの海に帰ってきてるみたい!!
ラッキーなことに2月から5月がジンベイが見れるベストシーズンらしい!!!!

マニラからバスで走ること12時間。さらに乗り換えを2回して着いた時には朝10時。
情報では7時半~9時がたくさん見れるらしく半ば諦めてたけど、スタッフがまだまだ今日は見れるということで、参加させてもらいました。

ツイてることは続き、本来はボートを一隻チャーターしないといけないらしく1人だと8000円ほどかかってしまうんですが、これから行こうとしてる4人組みと一緒にシェアさせていただくことになって、1600円で行けることになりました。

このグループはアメリカに住んでるフィリピン人たちで、30年くらい前に移住したみたい。
今はワシントンD.Cで住んでて日系企業で働いてるんだって。
アメリカに移住したというフィリピン人とは4日前にも会い、どっちも言ってたけど今アメリカに移住するのは当時に比べかなり難しいらしい。


そんなこんなでビデオ講習を終えて、船は出発し5分くらい経った頃、突然ガイドが

「いたぞ!いたぞ!」との声が響き、「準備、準備!急げ!」とシュノーケリングとフィンを付けスタンバイ。

「飛び込め!」の合図で一斉に飛び込み、

潜った所が良かったのか悪かったのか目の前にはでっかい巨体。
よく見るとジンベイさんの顔が真正面にあり、どんどん近付いてくるので焦ったww
プランクトンと一緒に吸い込まれるかと思ったけど、俺がまずすぎるのか軽くスルーww

目の前を通りすぎるジンベイはさらに迫力的なのに水中カメラ持ってないことが残念。

[ 2015/05/27 21:23 ] フィリピン | TB(0) | CM(0)

不審人物者 

フィリピン出国の際、出国審査でセキュリティー腹巻を外すの忘れて
ポリスマン3人に尋問責めに遭いました。

「これは何だ!?」「中に何入ってる?」「ちょっと見せろ!」って感じで腹巻の中を
チェックされる。これはセキュリティーポーチだっといってもわかってくれてなかった。
きっと麻薬とかと間違われたのだろう。

ちなみに腹巻の中には「米ドル」と「パスポートのコピー」と「トラベラーズチェック」

その後、パスポートの提示を求められて日本人だということをわかり、態度ががらっとかわり
かなりフレンドシップになる。

「ごめんなさい。あなたの顔、フィリピン人と似ている」と日本語で話してきた。
この言葉言われるのフィリピンに来て5回目くらい。
フィリピンに来てかなり日焼けして、着ている服もフィリピン人そっくりなのだ。

勤務中にも関わらず、ポリスマン3人、従業員数人とゲート開門までの30分間、フィリピンのことや日本のことについて話をしてれた。

時間がなくなってきたので「最後に一緒に写真撮ろう!」って言ったが、勤務中だから無理だと断れてしまった。ちゃんと規則は守ってるらしい。。。

そして飛行機の中に搭乗し、フィリピンで一緒にすごした人たちに電話をして挨拶し、20:55分インドネシアへ飛び立ちました。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
[ 2009/07/28 01:16 ] フィリピン | TB(0) | CM(0)

ブログ再開 

久々の更新です。。。
長らくお待たせしました!

2009年7月23日に二カ国のインドネシアに入国しました。


語学留学、約4ヵ月間にいろんな人と出会い、
とても自分に刺激を受けました。
会う人会う人それぞれ目的が違うので
一人一人の人生がそれぞれ羨ましかったのと同時にときに
俺は何をやってたんだろって思うことも時々ありました。

これだけでも日本を出てよかったと実感してます。



さてさて、第1ヵ国目のフィリピン!

いろいろありました。

まずは語学勉強の英語の話。
マイナススタート(全然英語を話せない)からだったけど、なんとか日常会話までなら
できるようになりました。ただ、文章となると超あやしいしい…。
もっと英語で日常の日記書いとけばとかったなっと実感。

どのくらい英語が出来なかったというと、
当初来たときは中二くらいのレベルはあるだろうと自信満々だったけど
いざ、初授業を受けてみると撃沈。。。
疑問文にIs とかAreとかのbe verbを付けること事体忘れたし文法も全くだし、
Is this a pen?って聞かれてもなんて答えてたらいいのかわからないくらい
できなさすぎた(笑)


称号:"超初心者"
こんな俺でも受けいれてくれる学校を見つけれてツイてた。

だから来て1ヵ月目は毎日16時間は英語の勉強してたような。。。
あの時は寝る時間がもったいなかった。
それでも今まで全然英語に関して馴染みがなかったので、2ヵ月間くらいは、
先生の言ってることがまったく聞き取れませんでした。
こっちが質問して、答えをもらうって日々が続いた。
3ヵ月目くらいになると知ってる単語が聴き取れやすくなって、
ニュアンスで何を言ってるのかわかってきだしました。

出発当初の3か月後のイメージとはかけ離れてたけど、入学当時のことを
考えると上達したはずです!!

"英語は勉強すればするほど日常で使えれるようになるからが楽しい"

この言葉を聞いてから英語が好きになりました。



フィリピン生活を交えながらインドネシア生活のことを更新していきます!!


おやすみなさーい!
[ 2009/07/25 01:17 ] フィリピン | TB(0) | CM(6)
プロフィール

ぷらと。

Author:ぷらと。
自分のことが好きで幸せの
1985年生まれの23歳ぷらと。

思い立ったら即行動、そして失敗の繰り返しです。いつか成功することを信じて自分の道を進んでいきます!


名前の由来は、ぷらっとどこかへ行くから"ぷらと"です。


詳細プロフィールを表示!

メールフォーム
このblogに関する ご意見は、こちらよりお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

直通のメールboxに転送されます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。